ドン ペリニヨンの醸造最高責任者(シェフ・ド・カーヴ)の交代が発表になった。この交代の時期なればこそのスペシャルなドン ペリニヨンが発売となる。シャンパーニュ界に君臨する新旧の卓越した才能をもつふたりのドンが醸造に携わった「ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2008 レガシー エディション ギフトボックス」がそれだ。

レガシーの継承

ドン ペリニヨンの新しいシェフ・ド・カーヴにヴァンサン・シャプロンが就任するのは2019年1月1日。日本式にいえば、来年の元旦が正式な「レガシーの継承」の日になる。

シャプロンは2005年以来、現・醸造最高責任者であるリシャール・ジェフロワの薫陶を受けてきた。シェフ・ド・カーヴの交代はどこのブランドにとっても大きな節目となる。まして、「生きた遺産」を自負するドン ペリニヨンの歴史においてはなおさらだ。

この節目と時を同じくして発売される限定商品が「ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2008 レガシー エディション ギフトボックス」である。

DOM-PERIGNON-VINTAGE-2008-LEGACY

前述のように、新シェフ・ド・カーヴは現シェフ・ド・カーヴから14年近い歳月をともにしてきた。そのコラボレーションの集大成として、ギフトボックスに2人のサインが記される。師匠が弟子をみずからの後継者と認めた、美しいギフトボックスである。



「ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2008」は、ヴィンテージ・シャンパーニュの原点に立ち戻り、ジェフロワの洗練された包括的知識とシャプロンの大胆な直感を融合した「逆説的な新しいクラシック」とも呼びうる傑作であるという。「逆説的な新しいクラシック」とは、なんとも翻訳調の表現で、ようするにクラシックの名に値する新製品ということだろう。

「そこには2人の卓越した才能と自然との間の実り豊かな対話があります」とプレスリリースにはあって、ドン ペリニヨンのファンならずとも、ファンともなればますますもって、グッとくる詩的な文言であるに違いない。

リシャール・ジェフロワは1990年から28年間にわたりドン ペリニヨンの醸造最高責任者をつとめた。そして、2009年までに15ものヴィンテージを発表した。

ドン ペリニヨンは「ヴィンテージ シャンパーニュのみ創造する」。


ヴァンサン・シャプロンは2005年からジェフロワの下で働き始め、以来、13回の収穫にかかわった。そして、ジェフロワと共に4つのヴィンテージ、すなわち2005、2006、2009、そして最新の2008を発表してきた。

ジェフロワとシャプロンは、過去13年間にわたる緊密なコラボレーションを通し、まるで二人があらかじめ選ばれし者同士であるかのように、両者それぞれのアプローチの間で絶え間ない対話を育んできたという。

2019年1月1日より、シャプロンは「3つの基本的使命」を継承する。すなわち既存のヴィンテージという有形の遺産の管理を引き受けること、ドン ペリニヨンのヴィジョンとリシャール・ジェフロワから引き継いだ無形の遺産を具現化すること、そして何より、ドン ペリニヨンの魂と存在理由の根幹をなすヴィンテージへのこだわりを保ち続け、それを未来へと導くこと、である。

というような名調子が続くプレスリリースに敬意を表しまして、以下はプレスリリースのままです。

継承と創造 ― 連綿と受け継がれてきた遺産を祝う

新たなサイクル 2018年6月13日、ジェフロワは、彼の人生において欠かすことのできない二人の人物と一堂に会しました。すなわち、彼の後継者シャプロンと、彼の前任者ドミニク・フロンです。フロンは15年間にわたってドン ペリニヨンの醸造最高責任者を務め、ジェフロワは醸造最高責任者を28年間務めました。そしてこの度、シャプロンが2019年1月より新たなサイクルを始動させます。

共有されたヴィジョン これら3代の醸造最高責任者(シェフ・ド・カーヴ)は、ドン ペリニヨンを常にユニークな存在へと高めてきたヴィジョンーーすなわち創造的な野心、絶え間ない再解釈の探求、感動の源としてのハーモニー(調和)を追い求めてきました。このヴィジョンは、過去から未来までにわたるあらゆるヴィンテージに体現されます。



リシャール・ジェフロワ ドン ペリニヨン醸造最高責任者

代々、ワイン醸造を営む家系の末裔であるジェフロワは、1954年、シャンパーニュ地方のただ中、ヴェルチュのコート・デ・ブラン地区に生まれました。ところが、天職であると思われたワインの世界へは進まず医学を学び、1982年に医学博士号を取得します。しかし、葡萄が自分を呼ぶ声に応じ、熟考の末にルーツへの回帰を決意、ランスの国立醸造学校へ入学し、1984年に卒業します。

ジェフロワは新たなキャリアをドメーヌ・シャンドン(カリフォルニア)のテクニカル・アドバイザーとしてスタートさせ、ほどなくしてシャンパーニュ地方と新大陸のワインの架け橋として貴重な存在となります。充実した国際的経験を積み、世界各地のマーケットに関する知識を蓄えたジェフロワは、キャリアの次のステップをシャンパーニュ地方で踏むことになります。

ジェフロワは1990年にドン ペリニヨンの醸造最高責任者に任命され、現在までこの伝説的なワインの運命の守り手を務めています。ジェフロワはドン ペリニヨンのワインのクリエーターとして、メゾンの遺産・伝統を守りながら、審美的な理想を追求してきました。ヴィンテージ シャンパーニュ ドン ペリニヨンは、単一の年に収穫された葡萄のみでつくられ、各々のヴィンテージは過去のヴィンテージのコピーではなく、固有のリスクを背負いながらも、ヴィンテージ毎に新たに刷新されています。



ヴァンサン・シャプロン 次期・醸造最高責任者

シャプロンは1976年、コンゴのポワント・ノワールで生まれました。シャプロン家の故郷はフランスのボルドーワイン取引の中心地であるリブルネです。彼にとってワイン造りは遺産の一部でしたが、ワインに注ぐ紛れもない情熱があるがゆえに一家の伝統を継ぐことを決心しました。

モンペリエの国立高等農業学院で葡萄栽培・ワイン醸造学の学位を取得した後、シャプロンはチリへと渡り、「ニューワールド」のワインと出会います。帰仏後、ポムロールとソーテルヌの葡萄畑や醸造室で修業を積み、1999年にモエ・エ・シャンドンに入社します。

シャプロンは2005年からドン ペリニヨンに関わっており、この類いまれなるシャンパーニュに、専門知識と経験、高い要求基準と、並ならぬほど強いコミットメントを捧げています。その資質は、上述のリシャール・ジェフロワとの共通点でもあります。シャプロンはテロワールに関する知識を深め、環境を尊重し、ワインの発酵と熟成をコントロールする能力を高めようと絶えず努めています。またそのような専門的な知識や経験を重視するだけでなく、リスクを引き受ける冒険心、自由と調和を愛する心によって自分自身を凌駕しようと情熱を注いでいます。



リシャール・ジェフロワとヴァンサン・シャプロンの2人の名前を冠したゴールドカラーのスペシャルラベル。

DOM-PERIGNON-VINTAGE-2008-LEGACY

ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2008
類まれなシャンパーニュの当たり年といわれる2008ヴィンテージは、ワインアドヴォケイト誌や、著名なワイン評論家のヒュー・ジョンソン及びジャンシス・ロビンソンのシャンパンリポートでも高評価を得ており、長い熟成期間による完成されたハーモニーを紡ぎ出しています。*ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2008 通常商品は2019年4月以降の発売を予定。

<限定商品>ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2008 レガシー エディション ギフトボックス
アルコール度数:12.5度 750ml 希望小売価格24,200円(税抜) 全国主要百貨店にて11月初旬より発売。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
「なんでこんなにうまいんだ!」


「フランスやイタリアの真似をして、たんにコピーをつくったところで尊敬は得られない。自然とどう関わるか」


「ワインも生きている。ブドウも土も、どれも」


「大事なのはひとの問題なんです」


「マニフィーク」



日本のワイン界のレジェンド、麻井宇介と彼の意志を継いだ若者たちの物語
10月20日公開 映画「ウスケボーイズ」より