ワイン好きな人って、コーヒーも好きな人が多いんだなと、とあるワイン会の参加者たちと話していて思った。産地にこだわったり、豆やブドウの品種にこだわったり、味だけでなく香りが重要だったり、楽しみ方もなんとなく似ている。ということで、今回はワインとコーヒーのお話を少しだけ。
ネスプレッソ新商品発表会

ネスプレッソ新商品発表会にて

ワインとコーヒーの相性

以前、読者ライターの紀子さんが「コーヒーワイン」という南アフリカのワインを紹介してくれた。
(「コーヒーワインってどんな味?」https://www.wine-what.jp/webwriters/10268/)

モカやカカオのようなコーヒーを思わせる香りが強いワインなのだそうで、実際にコーヒーワインという名で販売されている。ワイン好き、コーヒー好きの私は、このコーヒーの香りがするというワインを、ぜひとも飲んでみたいなと思ったのを覚えている。

コーヒーにワインを大さじ一杯ほど入れるワインコーヒーと呼ばれる飲み方がある。通常は赤ワインを使うが、白ワインでもいける。コーヒーの香りがふくよかになって美味しくなる。

シェリー酒もよく合う。ホットコーヒーにスプーン一杯のシェリー酒を加えるカフェ・ブルボンというカクテルは、フランスでよく飲まれているそうだ。

つまり、コーヒーとワイン(シェリー酒等の酒精強化ワイン含む)は意外と相性がいい。バーテンダーに聞くと、コーヒーカクテルに、ワインを使うレシピはとても多いのだそうだ。

ネスプレッソの新商品でつくる絶品ワインコーヒー

先日、ネスプレッソの新商品の発表会に参加した。この時、発表されたのは、最新式のコーヒーメーカーと、パリをテーマにしたという、少し濃い味のコーヒーカプセルのシリーズ。季節限定の新商品で3種類ある。

新コーヒーメーカー「クレアティスタ・プラス」は、全自動ミルクスチーマー付きでカフェラテやカプチーノも簡単に作れる。泡立てのきめの細やかさの調節もできるという。その性能の高さにも驚くが、ちょっとレトロなスタイルも気に入った。

そのコーヒーメーカーで、新商品「パリス・ブラック」「パリス・マカロン」「パリス・プラリネ」の3種類を作ってもらい、味わった。

「パリス・ブラック」は、パリのカフェで味わう一杯をイメージしたブラックコーヒー。フレンチを食べた後に飲みたい、焙煎のしっかりした苦味とコクのある一杯。「パリス・マカロン」は。甘いアーモンド風味のマカロンを想わせるフレーバーコーヒー。「パリス・プラリネ」は、ヘーゼルナッツ風味のキャラメルのような味わいが特徴のフレーバーコーヒー。

ネスプレッソ「クレアティスタ・プラス」

ネスプレッソの新コーヒーメーカー「クレアティスタ・プラス」

 
ネスオウレッソ「パリス」シリーズ

ネスプレッソの新商品「パリス」シリーズ」

3種とも、基本は酸味より苦味が主体の深煎り風。泡立てたミルクとの相性もいい。ワインコーヒーには、酸味の強い浅煎りよりも深めに焙煎したコーヒーの方が合う。このパリスシリーズは、どれもよく合いそうだ。

「パリス・ブラック」には、カベルネ・ソーヴィニヨンのようなしっかりとした赤ワインが合いそうだ。「パリス・マカロン」や「パリス・プラリネ」は、「クレアティスタ・プラス」が得意な繊細に泡立てたミルクを使ってカプチーノにしたい。そしてそこに香り高い白ワイン、例えばシャルドネを加える。どうだろう、美味しそうだと思わないか?

この冬、寒い夜は美味しいワインコーヒーをお勧めしたい。大好きなあの人と、あったかい夜を過ごしてみてはいかがだろう。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
我輩は「WINE-WHAT!?」である。名前は「WINE-WHAT!?」である。誰がつけたかとんと見当がつかぬ。

ワインホワット?

「WINE-WHAT!?」である。にゃ〜。