お待たせしました、2018年最後の「WINE-WHAT!?」通巻26号です。あとちょっとで、クリスマスとお正月ですよ〜。「ワインと動物への愛にあふれたメドックシャトーを巡る旅」と「いつかは飲みたいプレステージシャンパーニュ」の特集2本立てでお楽しみください〜。

2018年はたいへんお世話になりました。

2019年も「WINE-WINE!?」をよろしくお願いします。



写真:上仲正寿 撮影協力:Château Mauvesin Barton



特集その1 

絶対に訪れたい動物への愛あるメドックのシャトー14

もしかして世界初かもしれないワイン選びの新基準! 
それは、動物愛にあふれるワイナリーはコスパ最高のワインをつくるワイナリーだというコト。本特集では、カワイイ動物を飼っているメドックの14のシャトーを、山本真紀がご紹介します。
閲覧注意:動物好きの方は身悶えしちゃうかも。



特集その2

絶対に飲むべきプレステージシャンパーニュ

アメリカ、イギリスにつぐ世界第3位のシャンパーニュ消費大国に成長したニッポン。そこでその最高峰を石田 博ソムリエと柳 忠之ジャーナリストのふたりがテイスティングしました。
ドラピエ グラン・サンドレ2008」1万2800円から「モエ・エ・シャンドン MC3」5万8000円まで、全25本、総額65万2400円、開けちゃいました〜。

 



サッカー界のスーパースター、イニエスタのワインがあるんですか?

あるんです。 イニエスタいわく、「ボデガ・イニエスタ」の目標は「期待を裏切らないワイン」なんです。



このほか、「パンとチーズとワインの三位一体」とか「スパークリングワイン入門」などなど、「WINE-WHAT!?」ならではの美食企画でご購入をお待ちしております。

恒例 「新商品テイスティング」と「3,000円以下バリュー・ワイン・コンクール」もお楽しみに。

「WINE-WHAT!?」最新号、買ってください〜〜。

この記事を書いた人

不肖ヤマダヤスシ編集長
不肖ヤマダヤスシ編集長
北海道札幌生まれの道産子。いつも目の前のことだけを考えている。いまこのときを切り抜ければ、人生はなんとかなる! 善人なをもて往生をとぐいはんや悪人をや。