1927(昭和2)年、アルプス葡萄酒醸造所として創業した株式会社アルプスは、従業員100人を抱える、日本のワインメーカーとしては大手に属する。塩尻の地元企業としていかに塩尻に貢献するか。そのことを社長の矢ケ崎学さんは遊び心を捨てることなくまじめに考えている。

責任 × 道楽

社長の反骨、社員の誇り。老舗だからこそ育める塩尻の未来。

アルプス代表取締役社長 矢ケ崎 学(やがさき まなぶ)
1963(昭和38)年、塩尻市生まれ。北海道大学理学部生物化学科卒業後、アメリカのオレゴン州立大学などへ留学。90(平成2)年に株式会社アルプス入社。現在、代表取締役社長 兼 営業本部長を務める。NAGANO WINEオフィシャルサイトより

ワインとジュース

「塩尻にきちんとしたものを残したい。ワインもそう。自分の会社のことだけじゃないんです。当社のようなこの地の老舗が支えなきゃいけないと思っています」

と力強く語るのはアルプス社長の矢ケ崎学さん。1927年創業。ワインとジュースの両輪で、本社、工場、営業所などあわせて約140人の社員を擁する全国的にも規模の大きいワインメイカーだ。

その規模感をネガティブに捉える日本ワインのマニアもいるかもしれないが、そこで興味を失ってしまうのは本当に、本当にもったいない(そもそも、そんなことでなにかを決め付けること自体に疑問なのだが……)。

矢ケ崎さんもどこかでこういう視線に対して残念な思いがあるようだ。

「うちのワインはきれいすぎるというかクリーンすぎるとか言われることもあるんです。それは徹底した品質管理の結果なんですけどね。でも、それがつまらなく感じられるんですかね(苦笑)」

国際認証の取得を含め品質管理に対して高いハードルを課して運用する製造ライン。「ジュースもやっている」ことは食品、農産物を扱うという面からワインにとっても大きなメリットだ。

残念ながら現在の日本ワインの世界で、行き過ぎたクラフト原理主義みたいたものがあるようにも感じる。自然派で、少量で。

でもそれだけでワイン文化は成立するのだろうか? 

そもそもそこでいう自然派の定義ってなんだろう?

少量生産で、産業として成立し、その地域を支え、その土地で永続的にワイン造りができる環境を育むことができるのだろうか。

ある一定の規模があるからこそ、日本の厳格な食品製造の基準にのっとった品質管理のもとで、安定的にブドウを栽培し、ワインを造り、送り出せる。そして、その利益をまた地元に還元することもできる。

アルプスをはじめとする老舗、大手はその役割を体現している。それは今後花開くであろうワインメイカーをサポートしていくことにもつながる。 そこが理解されていないのは残念だが、矢ケ崎さんは、そんな僕の思いを、軽やかな笑顔で受けとめて言う。

「だからこういう面白いワインを造りたくなるんですよ」

『ミュゼ・ド・ヴァン』シリーズ


左から、フラッグシップの「リーグアン 塩尻メルロー 2014」、矢ケ崎さんが「自社畑のポテンシャルを信じて」送り出した「塩尻ソーヴィニヨンブラン ナイトハーべスト」、売上でも国産ブドウでも勝負するという決意でもアルプスを支える「松本平ブラッククイーン」、この地の伝統を守る「信州プレミアムコンコード」。「ミュゼ・ド・ヴァン」シリーズには強いメッセージが込められている。

差し出されたのは、長野そして塩尻のテロワールを追求、表現した『ミュゼ・ド・ヴァン』シリーズ。屋台骨を支える業務用や機能性ワインがあって、その一方で徹底的に土地と造りにこだわったワインに挑む。

「ビジネスとしては全社の中では小さいものだけれど、やはり、皆さんに美味しいって言ってもらえるワインを造る、それは私たちにとっても必要ですから」

道楽ですよ、と笑う矢ケ崎さんだが、反骨心、でも、それを飄々とやっているように見せる遊び心がいい。そして塩尻への愛がめいっぱい注がれているシリーズだということは本気の生産設備を見ても、畑を歩いても、味わってみても、伝わってくる。

アルプスでワインとして使われるブドウは多彩。トライ&エラーを含めて17~18種を使用している。

大きく分けるとメルローやシャルドネ、カベルネ・フラン、シラーといった欧州品種、コンコードやナイアガラといった塩尻で古くから親しまれてきたアメリカ系品種。そして国産品種のブラッククイーンという3分野だ。

「コンコード、ナイアガラなどは生産組合を通して、そのほかは農業法人を設立。桔梗ヶ原を中心に耕作放棄地を取得して自社で手掛けています」とのことだが、ここにも、伝統を地域と共に一緒に守り、その上で新たな挑戦で地域を盛り上げていくという狙いが見える。

「塩尻のワインツーリズムについても、本気で取り組んでいきます。この地に来ていただいて感じられることもあるでしょう。そのためにも我々のような会社が支えていかなければいけないんです」

責任感、だからこその「道楽」。

なんて粋なことをしてくれるんだ。

ジュースなどを含むメインの製造ラインからさらに奥へと進むと矢ケ崎さんのプレイグラウンドであり真剣勝負のバトルフィールドでもある「ミュゼ・ド・ヴァン」シリーズの醸造、熟成場所がある。樽ひとつとっても数種類を比較しながら試すなど手間を惜しまない。本業の傍ら、などでは決してない。

いつでも均一な品質でアベレージの高いワインを造っていくための努力もまた老舗、大手の意地と努力。厳密なブラインドで行われるテイスティングのためのスペース。各人の鼻と舌と感覚を研ぎ澄まし、そこに経験を重ね。議論を繰り返しながら品質を向上させていく。

自社畑の責任者は入社4年目の矢口さん。地元出身で「子供のころからアルプスのコンコードのジュースで育ちました(笑)」という物語もいい。

アルプス
長野県塩尻市塩尻町260
tel.0263-52-1150 www.alpswine.com
※一般公開はしていません。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部

つゆ来りなば 夏遠からじ


緑が空の青さに輝いて


夏のお嬢さん ビキニがとってもステキね


夏はこころの鍵を甘くするわ ご用心


誘惑の甘い罠


お酒はハタチを過ぎてから