日本ワインの聖地のひとつ、塩尻。その地がいま、大きく変わりつつある。何が起きているのか? ワインライター岩瀬大二が日本ワインの歴史を生き、その先頭を歩む4人のプロフェッショナルに会いにいった。









この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
(『猫』の次は『三四郎』より抜粋。あ、中身とは関係ありませんでした……) 

三四郎は鞄と傘を片手に持ったまま、あいた手で例の古帽子を取って、ただ一言、
「さよなら」と言った。女はその顔をじっとながめていた、が、やがておちついた調子で、
「あなたはよっぽど度胸のないかたですね」と言って、にやりと笑った。