シャロン・シュル・ソーヌという街の名は、訳せばソーヌ川に面したシャロン。かつては、はるか地中海とパリのような北の街とをつなぐ港であり、ワインにとっても重要な拠点だった。コート・シャロネーズは、シャロンの丘という意味で、この街の西の穏やかな丘の地域を指す。ここにブドウの産地が連なる。
cote chalonnaise

アリゴテ、見落とすべからず

コート・シャロネーズは北のコート・ドールとくらべると、価格的に気軽なワインが多い。今回訪れたのは、コート・シャロネーズの北。白ブドウ、アリゴテでAOCを名乗れる小さな村、ブーズロン、そして、シャルドネとピノ・ノワールにて、多数のプルミエ・クリュを擁するリュリィとメルキュレイだ。

コート・シャロネーズ

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
(『猫』の次は『三四郎』より抜粋。あ、中身とは関係ありませんでした……) 

三四郎は鞄と傘を片手に持ったまま、あいた手で例の古帽子を取って、ただ一言、
「さよなら」と言った。女はその顔をじっとながめていた、が、やがておちついた調子で、
「あなたはよっぽど度胸のないかたですね」と言って、にやりと笑った。