全国各地の食材の活性化を応援するGolf Chef Clubの食イベントを通じて、多くの料理人とコラボレーションしている、「シャンパーニュ コレ」は、Golf Chef Clubとともに、昨年から、「日本コレ賞 JAPAN COLLET AWARD」という賞をもうけている。今年、その第2回目の授賞式が東京のフランス大使公邸にて執り行われた。今回、グランプリに輝いたのは、パークハイアット東京ジランドールの大熊 剛史シェフだ。
第二回コレ賞

左からコレ輸出責任者ダヴィッド・リュー氏、フランスレストラン文化振興協会(APGF)代表、大沢晴美氏、HOTEL THE KNOT TOKYO Shinjuku MORETHAN TAPAS LOUNGEの料理教室Class A’s Kitchenの中尾明美氏、株式会社プリオレストラン&ウェディングス 日比谷パレスの倉林竜也シェフ、パークハイアット東京ジランドールの大熊 剛史シェフ、江上料理学院代表、江上栄子氏、Golf Chef Club代表 田中聖信氏

野菜とシャンパーニュの勝負だった

2015年9月に日本に上陸し、全国各地の名店とのコラボレーションで知られるシャンパーニュ コレは、156の村、770haの畑を傘下に治めるシャンパーニュの協同組合、「コジェヴィ」のなかで、グラン・クリュとプルミエ・クリュのブドウを使用するプレミアム シャンパーニュのブランドだ。

そのコレは、フランスでは毎年、料理本を出版したシェフのうち、優秀なシェフを表彰する『コレ賞』を設けている。そして日本では昨年から、日本のおいしい食材をつかったレシピコンテスト、「日本コレ賞 JAPAN COLLET AWARD」を設けて、優勝者を、アイ村のシャンパーニュ コレのゲストハウスに招待している。

その第二回目の授賞式が開催された。今回のテーマは、ブラン・ド・ブランに合う料理。

全国からあつまったレシピから、優秀な3名を選出し、フランス大使公邸で実際にそのレシピの食事を調理。江上料理学院代表、江上栄子さん、フランスレストラン文化振興協会(APGF)代表、大沢晴美さん、コレ輸出責任者、ダヴィッド・リューさん、GOLD CHEF CLUB代表 田中聖信さんが、食べて、最優秀賞1名と優秀賞2名を選ぶ、というのが賞のあらましだ。全国各地の食材の活性化を応援するGolf Chef Clubが中核となっているため、地域色の強い食材をつかい、また、食材を無駄にしないことを意識する、という注意書きがあるところが独特だ。

そして、その審査の結果、今回の最優秀賞を勝ち取ったのは、パークハイアット東京ジランドールの大熊 剛史シェフによる「深浦人参 甘味噌のグラッセ 白子のロワイヤル 大葉風味のフォームと海苔のチュイル」だった。優秀賞は、HOTEL THE KNOT TOKYO Shinjuku MORETHAN TAPAS LOUNGEの料理教室Class A’s Kitchenの中尾明美さん。料理は「うどパン粉揚げ徳島の柚子こしょうソース うごの青森りんご酢マリネ添え」、と、株式会社プリオレストラン&ウェディングス 日比谷パレスの倉林竜也シェフの「栃木県海老原ファームの蕪と北海道産ホタテのショーフロワ」。

レセプションで振る舞われた試食メニューから

株式会社プリオレストラン&ウェディングス 日比谷パレスの倉林竜也シェフの「栃木県海老原ファームの蕪と北海道産ホタテのショーフロワ」

株式会社プリオレストラン&ウェディングス 日比谷パレスの倉林竜也シェフの「栃木県海老原ファームの蕪と北海道産ホタテのショーフロワ」

パークハイアット東京ジランドールの大熊 剛史シェフによる「深浦人参 甘味噌のグラッセ 白子のロワイヤル 大葉風味のフォームと海苔のチュイル」

パークハイアット東京ジランドールの大熊 剛史シェフによる「深浦人参 甘味噌のグラッセ 白子のロワイヤル 大葉風味のフォームと海苔のチュイル」

HOTEL THE KNOT TOKYO Shinjuku MORETHAN TAPAS LOUNGEの料理教室Class A’s Kitchenの中尾明美さんによる「うどパン粉揚げ徳島の柚子こしょうソース うごの青森りんご酢マリネ添え」

HOTEL THE KNOT TOKYO Shinjuku MORETHAN TAPAS LOUNGEの料理教室Class A’s Kitchenの中尾明美さんによる「うどパン粉揚げ徳島の柚子こしょうソース うごの青森りんご酢マリネ添え」

さて筆者も、この授賞式のあとで開催されたレセプションで、この3種の料理を実際にたべさせてもらって、なるほど、ブラン・ド・ブランに合わせるのであれば、リッチで味わいのしっかりとした大熊シェフの料理かな、などとおもったのだけれど、ここでは大沢晴美さんによる、総評を引用したいとおもう。

フランスレストラン文化振興協会(APGF)代表、大沢晴美氏

フランスレストラン文化振興協会(APGF)代表 大沢晴美氏

賞状と大賞賞品

優勝した大熊シェフには、コレの「ブリュット ヴィンテージ 2006 コレクション プリヴェ」も副賞として贈呈された

大沢さんによれば、この勝負は野菜の勝負だった。にんじん、うど、かぶ。いずれもにがみやえぐみがある。シャンパーニュと合わせるとなると難しいものをあえて選んだ。コレのブラン・ド・ブランのブラン・ド・ブランらしい爽やかさがありつつ、まろやかな味にどう合わせるか。かぶは少し、火を入れることで香りを出す。うど、特に、中尾さんの選んだ、青みと苦味のあるうどは、揚げることでそれを抑える。それでブラン・ド・ブランに合うようになる。これらに対して、大熊シェフは、にんじんを味噌でグラッセにすることで、にんじんの甘み、そして味噌の塩気を効かせた。グラッセにしたことで、あくもでる。これもまたシャンパーニュを引き立てる、というのだった。

大熊 剛史シェフさすがです。

そして日本コレ賞は、早くも第三回のエントリーを受け付けている。エントリーはGolf Chef ClubのHP(http://goldchefclub.com)のこちらから。

2019年の12月頃にレシピ審査が予定されていて、2020年2月頃、今回同様、調理と試食審査によって賞が決定する。テーマは「世界に広めたい日本のこだわりの食材を使用し、シャンパーニュ コレ ブラン・ド・ブランと相性のよい料理」であること。

最優秀賞に輝くと、シャンパーニュのアイ村への招待が待っている!

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部

人生がうまくいかない時は「神様がくれた休暇」だと考えよう。



by 1996年のテレビドラマ「ロングバケーション」(北川悦吏子脚本)での木村拓哉演ずる主人公のセリフより。



10連休でロンバケって短くないですか。