MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社の取扱いシャンパーニュ「ルイナール」は、「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019」にて、ブラジル出身の現代アーティストVik Muniz(ヴィック・ムニーズ)とのコラボレーション作品を4月13日(土)から日本初公開している。自然界の素材を華麗なる作品へと変貌させる「映像の魔術師」が描くルイナールの世界観を堪能するチャンスです。5月12日(日)まで。

<FLOW HANDS>
世界最古のシャンパーニュ・メゾン「ルイナール」の醸造最高責任者フレデリック・パナイオティスの手(FLOW HANDS=手)を表現。ブドウの幹を持つ手に浮き上がる血管の膨らみ、その緊張感が木の節と混合することで人と自然の境を定義する難しさを表現。黒い木材と炭を複製したヴィック・ムニーズ本人による撮影。Flow Hands © Vik Muniz x Ruinart, 2019

Flow Diptych (detail) © Vik Muniz x Ruinart, 2019

Flow Diptych (detail) © Vik Muniz x Ruinart, 2019 

<FLOW DIPTYCH> 
上に掲載した2つからなる作品。ランスのシレリーに育まれるブドウを表現。Flow Diptych © Vik Muniz x Ruinart, 2019

ルイナールはヴィック・ムニーズと根っこを分かち合う

2013年から京都ならではの趣ある歴史的建造物やモダン建築内に、国内外の貴重な写真作品やコレクションを展示するKYOTOGRAPHIE。そこへ2016年より協賛を続けるルイナールは、「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019」に先駆けて、3月13日にメゾンの本拠地であるランス、そして14日にはパリにて初お披露目会を開催し、ヴィック・ムニーズ x ルイナールの作品「RUINART–SHARED ROOTS–VIK MUNIZ」を発表した。

メゾン・ランスで行われたセラー内のオープニングの様子。

作品を創作する中で語り合う、ヴィック(左)と、ルイナールの最高醸造責任者のフレデリック。

290年の歴史を育んできた世界最古のシャンパーニュ・メゾン ルイナールに、新進気鋭のアーティストが一定期間滞在して作品を制作する「アーティスト・イン・レジデンス」に、ルイナールは、本年度、ヴィック・ムニーズ氏を招待した。ランス山沿い、ヨーロッパ最北に位置するルイナールのブドウ畑、シルリーを訪れたムニーズ氏は、シルリーの自然と広大なシャンパーニュに魅了されていき、作品に着手するまで長い時間をかけて観察、そして思案に耽った。

ルイナールの最高醸造責任者フレデリック・パナイオティスにブドウ畑について尋ねると、シャンパーニュ地方の気候がブドウ栽培に不向きだと言えるほど厳しいと知ってムニーズ氏は驚く。そして

「この逆境があるからこそ、ブドウ自らが超越して、まるで生存への反射行為であるかのように、シャルドネとピノ・ノワールは最高の果実をもたらしてくれる」と語ったという。

長期におよぶルイナールの製造工程に魅せられたムニーズ氏は、その手によってメゾンの創造性を司るフレデリック・パナイオティスが体現する、人と自然の結びつきをとらえた。

変幻自在のアーティストが織りなすルイナールの世界は、黒く染めた木片や木炭を使用してブドウの株を表現するなど、「流れ」という概念から着想を得た作品となり、「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019」にて日本初公開中。

ヴィック・ムニーズとルイナールが奏でるアートの世界を、ぜひこの機会に京都にてご覧ください。

Vik Muniz (ヴィック・ムニーズ)
1961年、ブラジル、サンパウロに生まれる。14歳から奨学金で夜間学校に通いながら芸術を学び、数々の名画とアカデミックな彫刻を見出す。
広告代理店でイメージの力とその取り扱いに興味を示し、わずかの間勤務、1984年にシカゴ、そしてニューヨークなどで活動の幅を広げる。

当初は彫刻を中心とした制作活動を行い、1989年にニューヨークのStux Galleryで開催した初の展覧会が、世界的な活動のスタートとなる。

2008年「Pictures of Garbage」では、リオデジャネイロにある世界最大のごみ処理場で3年掛けて創作活動に勤しみ、リサイクル可能な素材を求めて廃材を漁る「カタドール(回収屋)」と共に、ジャック=ルイ・ダヴィドの「マラーの死」など数々の名画を再現。無数の廃棄物で作られた作品はサザビーズのオークションにかけられ、カタドールのコミュニティーに総額25万ドル(およそ2700万円)の値が付けられた。

その様子を描いたドキュメンタリー映画『ヴィック・ムニーズ/ごみアートの奇跡』は数々の賞を受賞。

様々なラグジュアリーブランドとのコラボレーションを通して、ヴィック・ムニーズは社会福祉プロジェクトに取り組むための資金を集め、リオデジャネイロのスラム街で暮らす若者のためにオーディオビジュアル技術を教える学校を開校。そこには、自らの飛躍のきっかけを与えてくれた14歳の奨学金のように好機を分かち合いたいと、彼の想いが込められている。

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019

「RUINART-SHARED ROOTS-VIK MUNIZ」 展示会場
【場 所】ASPHODEL(アスフォデル)
【住 所】京都市東山区八坂新地末吉町99-10
【期 間】4月13日(土)〜5月12日(日)
【アーティスト】Vik Muniz(ヴィック・ムニーズ)

ルイナールとアート

ルイナールでは伝統遺産、歴史、卓越性を広めていくコミュニケーションのひとつとして芸術を用いている。ルイナールの世界観はエレガンス、純粋、輝き、そして時代を超えたメゾンの新しいスタイルで世界を舞台に活躍する新進気鋭のアーティストたちと共に創造すると同時に、多くの才能を支援。
その歴史はベル・エポックの1896年に遡り、アール・ヌーヴォーの旗手と謳われたアルフォンス・ミュシャへ広告ポスターを依頼し、世間を魅了したことに始まる。
2000年以降はルイナールの性質や価値観を伝えるため、時代の先端を行くアーティストとのコラボレーションを毎年実施している。
年間30以上もの世界アートフェアに協賛して、アートシーンに欠かせないシャンパーニュとして確固たる地位を築き、世界中のアート愛好家に注目されている。

ルイナール

1729年創設以来「シャンパーニュの宝石」と謳われる世界最古のシャンパーニュ・メゾン。
コート・デ・ブランとモンターニュ・ド・ランスで収穫された最高品質のブドウを巧みに選定し、「清らかさ」「フィネス」「エレガンス」を追求した、その繊細でフレッシュ、丸みのある豊かな味わいを引き出して高度な技術を有するシャンパーニュ作りのエキスパートであることから「シャルドネ・ハウス」とも呼ばれている。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ラグビー日本代表はワンチーム! 

One for all, all for one

WINE-WHAT!?はワインチーム!

Wine for all, all for wine