テイスティング評価方法

  • 試飲は、品種・ヴィンティージ・希望小売価格のみ開示して実施。
  • 評点は絶対評価とした。
  • 評価は、上からS、AAA、AA、A、B、C、D、E、F。特にバリュー感があるものに。魅力的な個性のあるものに

今回のテイスター

  • ishida
    石田 博さん

    1969年東京出身。90年ホテルニューオータニ入社。尊敬する先輩に憧れ、ソムリエを志す。94年よりレストラン ラ・トゥール・ダルジャン配属、フランス伝統の料理とサービスを学び、ソムリエとしてのキャリアをスタート。

  • yanagi
    柳 忠之さん

    1965年生まれ。ワイン専門誌「ヴィノテーク」記者を経て、97年に独立。フリーのワインジャーナリストに。伝説の「BRUTUS」3号連続ワイン特集をはじめ、「AERA」「GQ」「ゲーテ」「Figaro Japon」「東京カレンダー」など、さまざまな情報誌、ライフスタイル誌に寄稿。

今回テイスティングしたワインレビュー

nakagawa
  • 中川ワイン
  • リヴァース・マリー
  • AAA
  • シャルドネ ジョイ・ロード・ヴィンヤード 2013〔白〕
  • 生産国/地域:アメリカ/ソノマ・コースト
    品種:シャルドネ100%
    希望小売価格:9,000円
15社近くのワインメーカーを務める、トーマス・リヴァー・ブラウンによる独自ブランド。これはソノマ・コーストAVAの単一畑シャルドネ。
【石田】

白桃やアカシアの花など、甘味を連想させる豊かなアロマ。成熟度が感じられ、味わいに深みもある一方、緊張感を伴うミネラルの風味も漂う。ボリューム感があり、力強くリッチな構成ながら、酸味もしっかりしており、バランスが良い。スモーキーな余韻が後を引く。

【柳】

ステレオタイプなムルソーのイメージにごく近い、リッチでナッティ、バターテイストの香るシャルドネ。穏やかながらピュアな酸味が十分あり、締まりが感じられる。おおらかにして謙虚な性格。

salesrep
  • セールス・レップ・インターナショナル
  • デマリエ
  • AAA /
  • ロエロ リゼルヴァDOCG 2012
  • 生産国/地域:イタリア/ピエモンテ
    品種:ネッビオーロ100%
    希望小売価格:3,800円
岩が多く混じった砂質海洋系石灰質の土壌で栽培されたネッビオーロを、ステンレスタンクで発酵、フレンチオークの小樽と、25hℓのスロヴェニアンオークで18カ月熟成。
【石田】

スミレを思わせるフローラルなアロマに、プラムのような果実香。樹皮のような印象に土っぽさも感じられ、香りの構成がじつに複雑。味わいは洗練され、伸びやか。ボディは力強く、高密度なタンニンの渋み。アルマニャックのような心地よい余韻。

【柳】

タールのようなフレーバーときめ細かなタンニンによるストラクチャーが、気持ちを激しく昂揚させる居丈高な赤。ズシッとした重厚感だが、アフターはしっとりとして癒される。

grapeoff
  • Grape Off
  • シャトー・ド・リュサック
  • AAA
  • シャトー・ド・リュサック 2003〔赤〕
  • 生産国/地域:フランス/ボルドー
    品種:メルロー80%、カベルネ・フラン20%
    希望小売価格:5,900円
リュサック・サンテミリオンに位置し、33haの畑をもつシャトー。2000年から新オーナーのもと醸造施設を刷新した。
【石田】

落ち着いた雰囲気の、控えめな印象だが、緻密な構造で、複雑性も感じられる。フレーバーは少し動物的なところもあり、スーボワ(森の下草)を思わせる。タンニンも豊富でみっちりと詰まった様子。骨格がしっかりしており、飲みごたえがある。

【柳】

辛口ポートのように濃密でタンニンもしっかり感じられる。ボリューム感はあるがタイトに締まったボディ。上質なフランネルのスーツをまとったような、背筋の伸びた味わい。飲み頃だが、まだ熟成は可能だろう。

yalumba
  • サントリーワイン インターナショナル
  • ヤルンバ
  • AA
  • ヤルンバ エデン ヴァレー ヴィオニエ 2014〔白〕
  • 生産国/地域:オーストラリア/南オーストラリア
    品種:ヴィオニエ100%
    希望小売価格:3,300円
ヤルンバは1849年に創業し、今なお家族経営を続けるワイナリー。南オーストラリア州でも比較的冷涼なエデン・ヴァレーのヴィオニエを醸造。
【石田】

白い薔薇のフローラルなアロマ。コリアンダーやサンダルウッド(白檀)のフレーバーもあり、とてもアロマティック。アーモンドのような香ばしさも感じられる。滑らかな口当たりでクリーミーな喉越し。とても素直で直球的なワイン。

【柳】

香りムンムンでテクスチャーはオイリー。やや過熱気味にも感じられ、濃密なアプリコットの香りが強く印象い残る。派手な身なりで大声でしゃべる上方のおばちゃん風だが、個性のはっきりしたワインが好きな人にはおおいに勧められる。

fazori
  • モトックス
  • ファゾーリ・ジーノ
  • AA
  • ソアーヴェ ピアーヴェ・ヴェッキア 2012〔白〕
  • 生産国/地域:イタリア/ヴェネト
    品種:ガルガネーガ100%
    希望小売価格:3,250円
ステンレスタンクで発酵後、500ℓのトノーでマロラクティック発酵。そのまま16~18カ月の樽熟成。新樽の比率は70%。
【石田】

凝縮感に富み、フレーバーは複雑。パイナップル、ハチミツ、ヘーゼルナッツ、マッシュルーム、石灰など、さまざまん香りが渾然一体となって広がる。口当たりは滑らかで、バランスは良好。ボディに厚みがあり、ボリュームも大きい。

【柳】

干しブドウのような香りがし、ほんのり甘みすら感じられるが、辛口なのだろう。香ばしいナッツのニュアンスも感じられ、とても多面的なワイン。どのようなオケージョンで飲むべきか難しい反面、それを攻略することにこそ意義がある。

51_23
  • ヴァンパッシオン
  • ヴィーニャ・エラスリス
  • AA
  • アコンカグア・コースタ・シャルドネ 2014〔白〕
  • 生産国/地域:チリ/アコンカグア・コースタ
    品種:シャルドネ100%
    希望小売価格:3,800円
海岸線からわずか12㎞の冷涼な地域。アコンカグア・コースタで、エラスリスによりつくられるシャルドネ。ブドウは早朝に手摘み。全房圧搾後、フレンチオークの小樽(新樽なし)で自然発酵。50%をマロラクティック発酵する。12カ月の熟成。
【石田】

リンゴのコンポート、バニラ、トースト香。凝縮感が高く、リッチで豊潤。ふくよかな風味とともにきれいな酸味が感じられた、バランスがとれた味わい。

【柳】

フレーバ的にはピーチやパイナップルなどトロピカルな傾向が見られるものの、口にふくむと過剰な熟度は抑えられ、むしろタイトにまとめられ、よい緊張感すら感じられる。一本調子ではなく、多面的な風味をもつ。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼に合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼にタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!