南半球はワインの銘醸地である。気候と土壌に恵まれ、豊かなブドウが育ち、技術レベルも向上している。注目すべきはデイリーワインだけではない。もしも、まだ未体験だったら、ぜひ3,000円以上の”格上ワイン”を試してほしい。必ずやその品質に驚くことになる。ブドウ品種もバラエティに富んでもいる。オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン、ブラジル、チリ、そして南アフリカ、と本特集は、南半球ワイン銘醸国の最新事情レポート編6本と、日本在住の各国のワインラバーにオススメのワインと料理店を聞いてみました編4本で構成されている。新しい世界をのぞいてみよう!



















この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ラグビー日本代表はワンチーム! 

One for all, all for one

WINE-WHAT!?はワインチーム!

Wine for all, all for wine