お手軽なテイクアウトのお寿司やピザに合わせるワインで迷っていませんか? お手軽な価格で飲み心地はバッチリな「コノスル ビシクレタ」シリーズとのペアリングを提案します。

ペアリング次第で満足度は飛躍的にアップ!

どれだけ料理好きな人でも、疲れたときはキッチンに立つのがちょっと億劫。そんなときは思い切って、ピザや寿司の出前といつものワインでノンビリしませんか?

電話一本、あるいはネットからのポチリで、プロの料理がすぐ手に入る便利な世の中ってスバラシイ!

手頃な価格で飲み心地バッチリなワイン「コノスル ビシクレタ」が日本で手に入るのも、これまたスバラシイことです。

そこで、代表的な出前&テイクアウト料理と「コノスル ビシクレタ」のペアリングに挑戦してみました。

組み合わせのセンス次第で、満足度は飛躍的にアップ!

外出帰りの自宅飯、急な友人の来訪、ふと思い立った公園ピクニック、ゲーム攻略に夢中な週末などなど、「コノスル ビシクレタ」とのペアリングで、お手軽デラックスなリラックスタイムに様変わり。

唐揚げにはーー

シャルドネ ビシクレタ・レゼルバ 2018

りんごや柑橘、ディルなどのハーブもふんわり香るシャルドネ。

樽熟成していないので、品種特有のふくよかさをストレートに感じられる。

鶏の唐揚げやナゲット、ポテトコロッケなど淡泊な素材の揚げ物に。フレッシュハーブを添えれば、大量の唐揚げも最後まで飽きずにペロリ!

寿司にはーー

ソーヴィニヨン・ブラン ビシクレタ・レゼルバ 2018

すっきりさわやか、ソーヴィニヨン・ブラン。

この品種にありがちな青く尖ったニュアンスはなく、酸もおだやか、温度が高まるとオイリーさを感じるほど。

おかげで、米の甘さが加わった酢飯の酸によくなじむ。噛みしめて静かな旨味が広がる貝や海老、サーモンの握りがオススメ。

餃子にはーー

ゲヴュルツトラミネール ビシクレタ 2018

ライチ、ユリの花、マスカットの香りが広がるゲヴュルツトラミネール。

この品種、廉価なワインは得てして余韻が短めなのが難だけれど、ビシクレタの場合、きちんとミネラル感を最後まで残す優等生!

餃子や炒飯などゴマ油を効かせたカジュアル中華に、一度ぜひ合わせてみて。

ピザにはーー

ピノ・ノワール ロゼ ビシクレタ・レゼルバ 2018

チェリーのみずみずしさとドライハーブの落ち着いたトーンを併せ持つロゼ。

柑橘に似たソフトな酸味は、トマトの酸味にも通じる。当然、トマトソースのピザが合わないわけもなく、ピザ専用ワインに認定!

ピザやサラミを手づかみでガブッ、ロゼをゴクゴクッ、とワイルドに行こう。

ハンバーガーにはーー

メルロー ビシクレタ・レゼルバ 2017

プラムのコンポート、プルーン、樹皮の香るメルローは、きめ細かいタンニンが豊富。

鉄っぽさも感じる牛肉にうってつけだけれど、フレッシュな青草の風味に誘われ、サラダも欲しくなる。そこで、肉と野菜を挟んだハンバーガーを。

もちろん、てりやきやチーズバーガーもOK!

コノスル ビシクレタ シリーズって?

ワイン専門家のブラインド試飲企画で常に高得点を稼ぎ、プロたちから「またコノスルが入賞か!」と半ばあきれられるほど、コノスルのワインはどれも優秀。ビギナーにウケる飲みやすさをキープしながら、けしてジューシーになりすぎないキャラ、絶妙な酸度と味わいバランスがワイン通の心に響く。
ブドウ品種別10アイテムとロゼ1アイテムが加わった「ビシクレタ」シリーズも同様、コノスルの英知が集結。品種の個性をきちんと抑えた王道ワインながら、飲み進めると「この品種って、こんな魅力もあったのか」と新たな面にも気づかされる。
ビシクレタとはスペイン語で「自転車」の意味。コノスルは自然環境に配慮し、広い畑内をスタッフが自動車の代わりに自転車で移動する。自転車はコノスルのシンボルであり、ビシクレタ・シリーズもまたコノスルの精神を反映したワイン群なのだ。
コノスル公式サイト:conosur.jp

問い合わせ先:スマイル tel.03-6731-2400
www.smilecorp.co.jp

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
令和元年8月、餃子にはワインがトレンドです。

教えてくれてありがとう、ワインホワット !?

礼は、いらワイン。

なんです?

ワインは、いるワイン。