日本人のソウルフードのひとつ、餃子と合うワインはなにか? カウントダウン餃子ワイン、アンダー3000円選抜ベスト20、11位からの発表です。

11 バルデスピノ 

イノセンテ フィノ【酒精強化】

183.4
焼92.4
水91

選者・富田の推薦コメント 
ヘレスでは数少ない樽発酵を行なっている、上品かつ旨味や複雑味たっぷり系のフィノ。産膜酵母に由来するナッツのアロマが餃子の肉汁とハーモニーとなることに期待。

●生産国/地域:スペイン/へレス
●品種:パロミノ
●希望小売価格:2,500円
●輸入元:ジャパンインポートシステム

素晴らしいバランス

富田 毎回、マリアージュ検証ではシェリーを1本提案しています。実は今回、最後まで悩んでしまいました。アモンティリャードなら絶対醤油やポン酢+焼き餃子に合うけれど、ややソフトな風味の水餃子もあることを考慮して、樽発酵のフィノを選びました。酢と醤油半々の“太田ブレンド”とか、バルサミコ酢がおすすめです。

 これは凄い! 醤油とバルサミコ酢に焼き餃子、ずっと食べ続けていたくなるような、素晴らしいバランスです。

富田 バルサミコ酢って樽を使う製法だったりするのでは? そこを考えると、「樽で長期熟成同士」のマリアージュかもしれません。このシェリーも熟成年数が10年ほどなので。

松木 このフィノは樽と熟成感が絶妙に混ざり合っていて、調味料の役割までカバーできるくらいの複雑味があるから、あえて焼き餃子のみと合わせてみたら、やっぱり美味しいです! 水餃子ならば、酸味とスパイス感がほしいので酢と黒こしょうのみがピタリと来ますね。

 これはかなり新しい感覚のマリアージュだなぁ。

太田 フィノは、温度が低い方がバランスが取れそうな気がします。

富田 現地を訪れた際、いろんなお店で提供温度を計ってみたら、2~3℃くらいが主流でした。特に餃子と合わせるときは、温と冷のコントラストがはっきりしていた方が美味しいから、しっかり冷やすといいと思います。

推奨調味料







9 E.ギガル 

タヴェル 2017【ロゼ】

184.2
焼93.6
水90.6

選者・柳の推薦コメント
フランスでは中華といえばロゼ。しかも濃いめのタヴェルが餃子向き。赤いベリーにプロヴァンスハーブのアロマ。赤と見紛う力強さとスパイシーさながら、後口はフレッシュ。

●生産国/地域:フランス/ローヌ 
●品種:グルナッシュ60%、サンソー15%、クレレット10%,、シラー 10%、その他5%
●希望小売価格:2,800円
●輸入元:ラック・コーポレーション

餃子にロゼという定説

 やっぱり中華にはロゼが合う。プロヴァンスだと肉汁の旨みに負けそうなので、力強く、スパイシーさがあるタヴェルのロゼにしました。柚子胡椒の青い唐辛子が持つピメント感に期待しています。南部ローヌっぽい熱を感じるので、焼き餃子が本命。

松木 それ、間違いないです! でも、酢醤油とラー油もいい。つまり、餃子にロゼっていう定説に偽りなしだと。ワインにしっかりコクがあるので、水餃子のときは、七味唐辛子を足すとスパイシーなロゼとのバランスが良くなる。

瀬川 おっしゃる通り。タンニンとしっかりしたアルコール感があるロゼだから、豚肉の旨みとバランスが取れた心地よいマリアージュになります。ワインにピンクペッパーみたいなスパイス感も。焼き餃子の風味とスモーキーさも合います。焼き餃子には、バルサミコ酢と醤油にラー油とか、ポン酢に豆板醤少々など、ワインのスパイシーさに合わせ、調味料で少しだけインパクトを足すといいみたいです。

太田 水餃子なら、酢醤油にラー油。焼きは、柚子胡椒の爽快な刺激を加えると、タヴェルのエレガントさが強調されます。

富田 ワイン側にボリュームがあることが大事。水餃子も焼き餃子も、バルサミコ酢のコクがよかった。そこに柚子胡椒や豆板醤が効きます。どちらも、唐辛子=ピメント感があるということが影響していると思います。

 タヴェルのロゼと餃子のパワーバランスが万全。どちらも美味しいが、やっぱり焼きのスモーキーさがあったほうが互いの風味ががアップする。

推奨調味料