オーストラリアワインのコンサルタントKisa Moto さんは、アデレードがある南オーストラリア州と、メルボルンがあるヴィクトリア州へと出張。ピノ・ノワールを愛するKisa さんが出会ったオーストラリアのグラン・クリュとは?

オーストラリア最大の産地へ

「オーストラリアワイン=バロッサヴァレーのシラーズ」は、定番の方程式であろう。次に南オーストラリア州のワイン産地の中で思いつくとすると、クレアヴァレーやイーデンヴァレー、アデレードヒルズ、マクラーレンヴェール、カンガルー島であろうか。ワイン産地があちこちに広がっている。さすがは、オーストラリア最大のワイン産地だ。

南オーストラリア州のワイン生産量は、オーストラリア全体の半分以上を占めている。私が驚いたのは、アデレード市内からの距離である。首都アデレードを中心に東西南北にワイン産地が広がる。アデレード市内からどの産地へも日帰りが苦にならない、1時間ほどあれば車でビューンと行けちゃうのだ。

アデレードヒルズ

アデレード郊外から少し内陸へ入ったバーンサイドというエリアに宿を構え、数日に渡り南オーストラリア州にあるワイン産地を網羅してみた。

滞在地から車で5分ほどの場所に、かの有名なペンフォールズがあるではないか。

「ワインはもちろんの事ながら、ペンフォールズのカフェテリアで飲めるコーヒーも美味しいのよ。」と地元の方が教えてくれた。ペンフォールズの敷地内に「Magill Estate Kitchen」が併設されており朝9時〜夕方3時頃まで、コーヒー・ワイン・カクテルと共に美味しいお料理が頂けるのだ。

オーストラリアの高級ワインを代表するペンフォールズ

そのペンフォールズの敷地内にある「Magill Estate Kitchen」

ワイン愛好家なら、一度は訪れてみたいワイナリーである。ペンフォールズでは、食事を楽しむのもおすすめ。

そして、私が次に向かったのはアデレードヒルズ。バーンサイドから車で15分もかからなかった。日本と真逆の季節であるオーストラリア。私が、ここを訪れたのは7月初旬。時は、冬真っ 盛り。車内の暖房を効かせ、アデレードヒルズへ向かったものの、アデレードヒルズエリアに入った途端、外気温がグッと下がったのを車内の足元で感じられた。

走行距離で言うとたった15㎞ほどの違いにも関わらず、気温の変化が著しい。標高の高いアデレードヒルズは、クールクライメイト産地である。その涼しい気候を活かし、ソーヴィニヨン・ブラン やシャルドネ、ピノ・ノワールなどが盛んに栽培されている。アデレードヒルズには、全部で60軒ほどのワイナリーがあり1日で全部回るのは難しい。数軒訪れた中で、最も印象に残ったワイナリーについてお話したい。

アシュトン・ヒルズ

「ピノ・ノワールが飲みたいなら、ピカデリー・ヴァレーのアシュトン・ヒルズを尋ねてごらん」

アデレードヒルズのワイナリーを転々と回っているとワイナリーのスタッフが口を揃えてそう言った。詳しく聞くと、アシュトン・ヒルズの創設者ステファン・ジョージ氏は、アデレードヒルズをワイン産地として確立させたパイオニアだそうだ。

リンゴやチェリーが盛んに育てられていたピカデリー・ヴァレー。「リンゴやチェリーがよく育つ場所は、ヨーロッパスタイルのワインを醸造するに最適だ」とステファン氏は、創設当時友人に話していたという。今からおよそ40年前にステファン氏によってピカデリー・ヴァレーに植えられたピノ・ノワールは、「アデレードヒルズ究極のピノ・ノワール」として名を馳せている。

アデレードヒルズ究極のピノ・ノワール

アシュトン・ヒルズの創設者ステファン・ジョージ氏

アデレードヒルズの中で最も標高が高いとされるピカデリー・ヴァレー。年間降雨量は、南オーストラリア州の他のワイン産地の2倍近くある。つまりここは南オーストラリア州のワイン産地の中で最も寒くて湿った場所である。この気候環境こそが、ブドウに素晴らしい香りを与え、線が細くエレガントなスタイルのピノ・ノワールを生み出すのだと言う。

ワイナリーに到着し、彼のピノ・ノワールを一口頂いた瞬間にブルゴーニュのピノ・ノワールが頭によぎった。

従来の、果実味溢れるチャーミングなオーストラリアらしいピノ・ノワールとは少し違って、大人びたエレガントで洗練されたブルゴーニュスタイルのピノ・ノワールを感じたのだ。私は、オーストラリアのピノもフランスのピノも好きだ。オーストラリアで育ち醸造されたピノ・ノワールからブルゴーニュの味わいを感じられるとするとそれは大変面白く、ワイン好き、もっと言えばピノ・ノワール愛好家の心をくすぐるのではないだろうか。

オーストラリアワイン評論家最高権威者であるジェームス・ハリデーも、「ステファン氏によって構築されたピカデリー・ヴァレーは、アデレードヒルズのグラン・クリュと呼べるであろう」と賞賛している。

今回の私の旅のハイライトとなった、究極のピノ・ノワール。ブルゴーニュピノ・ノワールファンに飲んでみてもらいたいワインである。



アシュトンヒルズ
ピノ・ノワール エステート 2018

複数のピノ・ノワールをリリースしているアシュトン・ヒルズ。写真のエステートは、3ha の自社畑のブドウを使う。一部全房発酵あり

この記事を書いた人

Kisa Moto
Kisa Moto
ワイン好きが高じて、2015年にオーストラリアへ移住。
WSET WineEducationにてワインを学び、現地のFine Diningでソムリエを経験。
現在は日本へ向けたオーストラリアワインの輸出や現地のワインコンサルタントとして活躍。
毎月パース市内にて、Wine教室を開催。
Facebook: Kisaki Moto instagram: kisakimoto