ワイン好きなら新商品情報は気になるもの。人気ワイン講師でソムリエの紫貴あきさんと、ワイン・ジャーナリストの柳忠之さんのおふたりが2019年12月までにリリースされた新商品をブラインド・テイスティング。20点満点で採点しました。おいしいワインはどれでしょう?

構成:柳 忠之 
ボトル画像:唐澤光也、中田裕史(RED POINT)

評価方法

試飲は、品種・ヴィンテージ・希望小売価格のみ開示して実施。
審査は20点満点での絶対評価です。0.5点刻みで採点。
18.5点〜20点:例外的に優れたワイン。100点満点換算したら、92.5点以上ということ。この点数はまだ出たことがない。
17.0点〜18.0点:そうとう優れているワイン。100点満点換算したら、85点〜90点!
15.5点〜16.5点:オススメできるワイン。100点満点換算したら、77.5点〜82.5点。
14.5点〜15.0点:好評価。100点満点換算したら、72.5点〜75点。
14.0点以下:もうちょっと頑張ってほしい。
 特にバリュー感があるワイン
 特徴ある愛すべきワイン
◎ フード・フレンドリーなワイン



テイスター

紫貴あき
ワイン講師、ソムリエ

柳 忠之
ワイン・ジャーナリスト



今回の最高得点 18.0点 

01 ピンパネル ヴィンヤーズ

ヒルロード ピノノワール 2015[赤]

紫貴 ややオレンジを帯びたラズベリーレッド。レッドカラントなどの若さを思わせる香りから、キノコや皮革などの第三アロマにも発展しつつある。柔らかなアタック、伸びやかな酸が味わいの中心を占めている。オーストラリアの限りないポテンシャルを証明するピノだ。

 完熟した赤い果実に、トリュフや森の下草などフェロモンむんむんの艶かしいフレーバー。香りを嗅ぐだけで十分満足できる。果実味たっぷりでボリュームも大きく、グラマラス。官能的という表現がぴったりな、艶っぽいワイン。

クローンは114、115、MV6。ブドウは除梗し、一部茎を残す。仏オーク(20%新樽)で12カ月熟成。

生産国/地域:オーストラリア/ヤラ・ヴァレー
品種:ピノ・ノワール100%
希望小売価格:8,800円
輸入元:エスクリWINELIST



17.0点 

02 シックス・クローヴズ

ピノ・ノワール ソノマ・コースト 2018[赤]

紫貴 クラッシュしたラズベリー、スミレ。全房由来のダージリン・ティーの香りを感じる。 伸びやかな酸と繊細な果実味から、ブラインドで飲んでいてもはっきりと冷涼産地と分かった。ピノ・マニアにもおすすめできる1本。

 華やかに香るよく熟したラズベリーやチェリーのアロマ。果実味が前面に押し出され、滑らかでスムースな口当たり。シルキーな喉越し。

日本人の平林園枝が、ソノマ・コーストのペタルマ・ギャップにある複数の栽培農家からブドウを買い付け醸造。クローンはマルティーニとスワン。20%全房。6日間の低温浸漬。仏オーク(20%新樽)で10カ月間熟成。無濾過、無清澄。

生産国/地域:アメリカ/ソノマ・コースト
品種:ピノ・ノワール100%
希望小売価格:6,500円
輸入元:布袋ワインズ