4月29日(水・祝)に開催された、カリフォルニアワイン協会の日本向け特別版のウェビナー。最終的に登録者数は595人を記録したという。このウェビナーの動画が公開された。

オンラインショップを利用して「おうちで楽しむカリフォルニアワイン」も展開中

4月29日(水・祝)に開催された、カリフォルニアワイン協会によるウェビナー、参加されましたか?

ホストのワインライターであり教育者でもあるイレイン・チューカン・ブラウンさん、ゲストのカリフォルニアでワイナリーと畑を所有する唯一の日本人オーナー女性醸造家であるアキコ・フリーマンさんとの会話から、アキコ・フリーマンさんの「フリーマン・ファミリー・ヴィンヤード&ワイナリー」ばかりではなく、ソノマのAVAとその現在、フリーマン・ファミリー・ヴィンヤード&ワイナリーが申請に尽力し、承認されればソノマ郡内17番目となるウエスト・ソノマ・コーストAVAの2ワイナリーも紹介されました。

その際の動画が、Youtubeにて公開されています。
https://youtu.be/7QWjPz_QeuU

このウェビナーのなかで、紹介されたワインは、以下の5アイテム。

フリーマン・ファミリー・ヴィンヤード&ワイナリー
1.フリーマン ユーキ・エステート ピノ・ノワール ソノマ・コースト 2016
2.フリーマン グロリア・エステート「輝」ピノ・ノワール ロシアン・リヴァー・ヴァレー 2016
3.フリーマン アキコズ・キュヴェ ピノ・ノワール ソノマコースト 2016

リトライ・ワインズ
4.リトライ ピヴォット・ヴィンヤード ピノ・ノワール 2017

ペイ・ヴィンヤーズ
5.ペイ エステイト ピノ・ノワール スキャロップ・シェルフ 2014

それぞれのワインの紹介では、ワインに合う食事のアイデアも披露され、和風の料理への言及が多いのも印象的です。

チャット機能をつかっての、リアルタイムの質問が視聴者から出されるのも、オンラインならでは。ちなみに、この「Behind the Wines」、今回は日本向けの特別版でしたが、シリーズ企画として、続いていきます。最新情報は、カリフォルニアワイン協会の公式Facebookページをフォローしてみてください。

カリフォルニアワイン協会では、毎年恒例のバイザグラス・プロモーションを中止した後も参加店リストのページを残し、その中でデリバリー、テイクアウト、ワイン販売を行なっている店舗をアイコンで紹介するとともに、「おうちで楽しむカリフォルニアワイン」と題してカリフォルニアワインが買えるオンラインショップ紹介ページを開設しています。