「お爺ちゃんからウィルスを感染されたんです」と、カタルディーナ・リポさん。そのお爺ちゃんとは、オスピス・ド・ボーヌとドメーヌ・ルロワで辣腕を振るった伝説の醸造家、アンドレ・ポルシュレさんだ。
カタルディーナさんとヴァンサンさん

カタルディーナさんはボーヌの醸造学校を卒業。隣はパートナーのヴァンサンさん。

カタルディーナさんは子供の頃、祖父に連れられてオスピスの醸造所に通ううち、自然とワイン造りに興味をもったという。

モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレは、今から350年前に誕生したドメーヌ。モンテリー村にあるからこの名前なのではなく、創始者の名前がモンテリーさんだ。

ドメーヌはその後、ドゥエレ家に引き継がれたが、末裔のアルマンド・ドゥエレ夫人には跡取りがなく、養子にとったのがアンドレ・ポルシュレさん。

モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ

モンテリー村の醸造所では、一般の訪問も受け付けている。

1989年、ドメーヌ・ルロワの醸造長と兼任で、このドメーヌを継承した。そしてドゥエレ夫人が亡くなった2004年にやってきたのがカタルディーナさんである。名匠からワイン造りの哲学とノウハウをすべて伝授され、パートナーのヴァンサンさんととも に、現在、8ヘクタールのドメーヌを運営している。

ミュジニーを所有していた名残

ドメーヌは2013年までミュジニーを所有していた。その名残りのボトルを発見!

ルロワでは全房仕込みをしていたポルシュレ翁だが、自分のドメーヌではしていなかったそうで、祖父の醸造法を受け継ぐカタルディーナさんも原則的に除梗。全房は一部のワインのみに採用している。白は果実味とミネラルのバランスがよくとれ、赤はピュアな果実のアロマとスムースな口当たりが特徴だ。

モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレのワイン

モンテリー・キュヴェ・ミス・アルマンドの赤と白(共に2017年は5,400円)。ミス・アルマンドとは70年代にドメーヌを継承し、アンドレ・ポルシュレさんを養子にしてドメーヌを譲った、アルマンド・ドゥエレ夫人のこと。生涯独身を貫いたため、ミスと呼ばれていたという。モンテリーのほか、ムルソーやヴォルネイ、ポマールにも畑を所有する。

モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレのサイトを見る

ブルゴーニュの新しき造り手たちINDEX