今年で3回目を迎える「日本ワイナリーアワード」。このアワードは、ワイン単体ではなくワイナリー、つまり生産者に与えられる賞だというところが特徴。その生産者が造るワインの総合力、あるいは平均値が高い、優秀なワイナリーを選び出し、5つ星、4つ星、3つ星、コニサーズワイナリーに、格付けしているのだ。

今年は、新型コロナウイルスの影響があり、6月5日(金)の15時から、YouTubeにて、ライブ配信で授賞式・発表会が開催される。オンライン化したおかげで、誰でもライブで視聴できる。
ライブ配信のアドレスは以下!
https://youtu.be/Nho50IqvJno

ワイン一本一本ではなく、素晴らしいワインを継続してつくる日本のワイナリーを顕彰する「日本ワイナリーアワード」。今年で第3回を迎えたこのアワードは、ワインショップやソムリエ、ジャーナリストなど、日本ワインの普及に努めるプロフェッショナルによる厳正な審査を行い、全国約300社の頂点にたつ5つ星から3つ星、さらにコニサーズ・ワイナリーを決定している。

今年も、受賞ワイナリーが決定。ところが、例年の受賞会・発表会のタイミングである6月は、今年は、新型コロナウイルスの驚異の影響下。日本ワイナリーアワード協議会は、発表の延期も考慮したものの、売り上げ低下に苦慮する飲食店、ワインショップ、ワイナリー等への手助けの一助になればと、発表会・授賞式の開催を決定した。イベントは、感染予防に十分に配慮し、規模を縮小して開催。と、同時に、この模様をYouTubeにてもライブ配信することとなった。

そのおかげで、今回の日本ワイナリーアワードは、誰もが視聴できる。

ライブ配信のアドレスは以下
https://youtu.be/Nho50IqvJno

受賞ワイナリーも、ネットワーク越しでの参加になるところもあるそうで、日本ワインのデジタル化イベントのひとつとなる、今回の日本ワイナリーアワード。

美味しい日本ワイン選びの参考に、ご視聴あれ!

この記事を書いた人

WINEWHAT
WINEWHAT
エシカルがクールだ!