季節のお花をワインとともに贈りませんか?
今回は、これからの暑い季節にもぴったりなスペインのスパークリングワイン、カヴァをセレクト。豪華なお花を組みあせたギフトボックスにしてお届けします。お花の担当は、母の日向けのワインとお花のギフトボックスでも活躍してくれた、東京 恵比寿のarbluem (アルブルム)のフラワーアーティスト 安井竜樹さん。ワインの個性を季節ごとの上質な花で表現した、ひとつひとつ特別な作品をお届けします。

ご注文はこちらから

写真はイメージです。実際の商品では、安井竜樹氏が、時期に合わせたお花を用意いたします。ご注文から発送まで、10日ほどお時間をいただきます。
価格は13,000円(税別)

スペイン語で「白いお城」という名を持つカヴァが織りなすおもてなしの物語

スペイン・カタルーニャはサン・サドゥルニ・ダノイア。カステルブラン(=白いお城)はカヴァ発祥の地であり唯一無二の地で生まれた。ここで100年以上にわたり伝統と品質にこだわったからこそ、あらゆる時間、食、シーンと手をとりあうカヴァとなった。カステルブランを味わえば幸せになる。それが白いお城のあなたへのおもてなし。

おもてなしの気持ちを伝えるといえば洋の東西を問わず「花」が浮かぶ。新しい生活スタイルという言葉が生まれたこの環境下、より人との絆を再確認したいと思う人も多いだろう。

ワインと花の共通点は実に自然なものだ。ともに栽培家が大事に育てたものが作品になり、その思いが伝わっていく。カステルブラン セコでいえば使われる3種のぶどうのブレンド比率や熟成期間を考え抜いて、求める香り、味、余韻に到達するように思いを込めて造られるし、フラワーデザイナーは、香り、色、バランスのマジックとロジックを駆使して思いを込める。

 恵比寿のフラワーショップ「アルブルム」の代表でフラワーデザイナーの安井竜樹さんが提案するのはワインと花のペアリング。今回、「カステルブラン セコ」「ピュアホワイト」というイメージで作品を創りあげてくれた。レモン、グレープフルーツといった溌剌とした柑橘と、一方で滑らかでスイートなメロンに白桃といったカステルブラン セコの持つアロマや味わいがイメージできる。フレッシュ感とボリューム感、可愛らしくもあり、ふくよかでもあるという相反しそうな要素まで伝わる。ピュアさとエレガントの両立だ。  

 

 

久々にあの人をお迎えする、田舎の両親やお世話になった人に気持ちを伝える。そこに………。白いお城とともに、あなたの想いはしっかり伝わるだろう。

白いお城。それはピュアホワイトの気持ちと堅い信念。おもてなしの場面に。カステルブランがある。

カステルブラン セコ
生産国/地域:スペイン/ D.O. カヴァ
品種:チャレロ40%、マカベオ30%、パレリャーダ30%
問い合わせ先
国分グループ本社
TEL 03-3276-4125  
https://www.kokubu.co.jp  

フラワーアーティスト 安井竜樹とは?



東京 恵比寿でarbluem という花屋を営む株式会社アルブルムの代表。イベント、ブライダルなどの装飾、広告媒体、MV、サイネージ映像等で、幅広く花を手掛ける。Tokyo collection のランウェイやハイブランドのイベント等でのインスタレーションにも起用される、気鋭のフラワーアーティスト。そのスタイルはワインの造り手のように、花を尊重したもの。「ぼくは、花に助けられ、花のメッセージを伝えるために自分の身体をつかってもらっている」と語る。
FlowerDesign arbluem(アルブルム)

この記事を書いた人

WINEWHAT
WINEWHAT
エシカルがクールだ!