緊急事態宣言の解除で、街にもいくらか活気が戻ってきた。しかし、まだ都道府県をまたいでの移動自粛を跳びかけている自治体もあり、遠地のワイナリーへの訪問などは控えようと思っていた。しかし、シャトーメルシャンがバーチャルツアーを企画。これなら、どこにも出かけず、自宅で楽しめるじゃないか。
シャトー・メルシャン 

バーチャルヴィンヤードツアー

日本ワイン「シャトー・メルシャン」の畑をオンラインで体験できる「バーチャ ルヴィンヤードツアー」が、6月から9月まで毎月1回(合計4回)実施されるという。さらに、「シャトー・メルシャン」の ワインをワイナリーから直接販売する「勝沼・椀子ワイナリーからの蔵出し直送便第3弾」も6月5日(金)から6月22日 (月)までの期間限定で実施。

「シャトー・メルシャン」は、世界からの評価も高い日本を代表するワイナリー。「良いワインとは、その土地の気候・風土・生産者によって育まれるブドウのそのままを表現したものである」という信念のもと、日本ワインならではの個性を育てることにこだわってきたシャトー・メルシャンは、ヴィンヤードにも強いこだわりを持つ。日本ワイン草創期から、地域と共生しワイン文化を醸成してきたシャトー・メルシャンのヴィンヤードを見て、ワイナリー長の話を聞くことができるのは、これはうれしい。

第一回目のツアーは、6月20日の土曜日。勝沼ワイナリー長の田村隆幸氏が、鴨居寺ヴィンヤードの解説で、「鴨居寺シラーの区画」を見る。11:00から11:20までのツアー。視聴方法は、シャトー・メルシャン公式アカウント(chateaumercian)をフォローし、開始時間にアクセスするだけ。

第二回目以降の予定は以下の通り。
7月18日(土) 桔梗ヶ原ヴィンヤード「シグナチャーの区画」/桔梗ヶ原ワイナリー長 勝野泰朗氏
8月8日(土) 椀子ヴィンヤード「オムニスの区画」/椀子ワイナリー長 小林弘憲氏
9月5日(土) 城の平ヴィンヤード「オルトゥスの区画」/勝沼ワイナリー長 田村隆幸氏

シャトー・メルシャンのワイナリー長 

勝沼・椀子ワイナリーからの蔵出し直送便第3弾

「勝沼・椀子ワイナリーからの蔵出し直送便第3弾」では、「上野ガイドによる『勝沼プレミアムツアー』バーチャル体験動画付きワイン2本セット」4種類の他、「シャトー・メルシャン 勝沼ワイナリー」やエリア限定販売商品、2019年にオープンした「シャトー・メルシャン 椀子ワイナリー」で初めて醸造したワインなどを含む16種類のワインを、ワイナリーから直接届けてくれる。6月22日までの限定販売。

さらに、飲食店を応援する企画として、飲食店のテイクアウト料理と「シャトー・メルシャン」のワインの写真を、「#おうちでシャトーメルシャン」のハッシュタグをつけてSNSでシェアすると、購入金額に関わらず「送料無料」になるとか。

「昨今外出を控える方が増加する中、自宅で過ごす時間をより楽しく、より上質なものにしてい ただくワインの飲用機会を提案し、日本ワイン産業のさらなる活性化や日本のワイン文化の醸成を目指します」とシャトー・メルシャンは語っている。

シャトー・メルシャンの畑 

詳細は蔵出し直送便特設サイトで
https://club.chateaumercian.com/article/fun/topics/758/