甘い香りと豊かなコク

アサヒビール株式会社は、ブラウン・フォーマン社が製造するテネシーウイスキー『ジャック ダニエル 蒸溜所創業150周年アニバーサリー』(瓶1,000ml)を2016年11月15日(火)から全国で新発売します。

「ジャック ダニエル 蒸溜所」は1866年に連邦政府に登録された、アメリカで最も歴史のある蒸溜所です。本年創業150周年を迎え、「ジャック ダニエル」ブランドでは、創業150周年を記念した様々な取り組みを展開しています。

『ジャック ダニエル 蒸溜所創業150周年アニバーサリー』は、創業150周年記念の集大成として、マスターディスティラーが中心となり、すべての工程にこだわってつくり上げた商品です。

より豊かな香りを引き出すために 熟成樽はゆっくりと時間をかけてトースト(※1)を施し、チャー(※2)の時間を短く仕上げた特別の新樽を使用しています。

「ジャック ダニエル ブラック」と同じ原酒を同じようにチャコール・メローイングした後、50度に加水した上で樽詰めし、 さらに日照時間が長く、寒暖の差が大きいことから出来のいい樽が最も多く輩出される“Coy Hill”にある「天使のねぐら」と呼ばれる貯蔵庫の最上階で熟成させています。

キャラメルやトフィーのような甘い香りと、上品で豊かなコクとスムースな味わいが特長です。

ボトルと専用ギフトボックスには、金色の「ジャック ダニエル」オリジナルロゴと「150」の数字がデザインされています。 日本市場では12,000本の限定発売予定となります。

「ジャック ダニエル」ブランドの本年1-9月の販売数量は20.4万箱(前年比119%)となり、大変好調に推移しています。本年はブランドとして4年連続過去最高の売上げとなる見込みだという。

※1)トーストとは、オークの新樽の内側を燃やして焼く(チャー)する前に、じっくりと熱を通すことで木材の中からバニラやキャラメルなどのフレーバーや甘みを引き出す「ジャックダニエル」蒸溜所の独自の工程です。
※2)チャーとは、オークの新樽の内側を燃やして焼く工程です。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
9月号(通巻18号)では、白ワインに注目! そもそも白ワインって? 三大品種シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングの基礎から、いまどき大討論会、石田博ソムリエによるペアリング提案まで、この夏、飲みたい白ワインを総ざらい。
そして、夏から秋にかけてのワイン旅も提案。ポルトガル現地取材、急成長中の北海道ワイナリーのいまとWINE-WHAT!?ならではのツアー情報、ワインを堪能できる宿「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原」へは、ベントレーで訪れ、カリフォルニアでは、ケンゾー エステイトに行ってきました。