Art of Champagne(アート オブ シャンパーニュ)

シャンパーニュ好きに特報! 毎月14,800円(税抜)で全7回、シャンパーニュ地方の産地や各メゾンの歴史に関する動画とガイドブック、それにシャンパーニュが全部で9本、初回と第2回に2本ずつ、以後は1本ずつ送られてくるというステキなサービスが11月22日(火)に始まる。

「Art of Champagne(アート オブ シャンパーニュ)」と名付けられたこの新サービスは、これが初仕事となるワサヴィ株式会社が企画・開発したもの( ワサヴィについては、ご紹介する別の機会もあると思われる)。

新サービスの趣旨は明快だ。プレスリリースから引用すると、こんな感じ。

「シャンパーニュが好きだ。
と思っていても、人生の中で実際にシャンパーニュ地方を訪ねる機会を得る人は少ないのではないでしょうか?
シャンパーニュは味だけではなく、そのイメージ全てを楽しむ飲み物です。
どんなにシャンパーニュの産地、原料、歴史を勉強して、シャンパーニュの全てを楽しもうとしても、そこにリアルなイメージが思い描けなければもったいないですよね」

そこで、シャンパーニュのファンのために、ワサヴィがオールフランスロケを敢行、最新の撮影機材を使用し、14の生産者のインタビューをおさめ、空撮による全17村のグラン・クリュを紹介する動画を制作、申込者に7回に渡って配信する。これが目玉企画のその1だ。

動画には以下の9社のほか、全部で14社のメゾンが登場する。

Christophe Mignon クリストフ・ミニョン
Jacques Lassignane ジャック・ラセーニュ
Jean-Louis Vergnon ジャン=ルイ・ヴェルニョン
Fleury フルーリー
Jacques Selosse ジャック・セロス
Ulysse Colin ユリス・コラン
Charles Heidsieck シャルル・エドシック
KRUG クリュッグ
Bereche ベレッシュ

7本の映像作品は以下のようなタイトルになる予定だ(現在、撮影中の為、内容・題名は変更の可能性がある)。

第1回 プロローグ シャンパーニュの旅へようこそ
第2回 アッサンブラージュの魔法
第3回 樽の功罪
第4回 熟成とドザージュの必要性
第5回 有機的なアプローチ
第6回 シャンパーニュのテロワール
第7回 エピローグ スペシャル・キュヴェ

7498-1

左から千葉和外、大越基裕、林基就の日本のソムリエの3トップ。毎月送られてくるシャンパーニュについて、彼らのテイスティング・コメントも付いて来る。

プロデュースとガイドは、大越基裕、千葉和外、林基就の3人のトップソムリエがつとめている。これこそが目玉の中の目玉として最初にあげるべきだったかも知れない。日本を代表する実力派ソムリエが集結し、現役ソムリエとして本当に知りたかったシャンパーニュの知識やイメージを「動画」と「ガイドブック」に仕上げたというのだから一見の価値があるに違いない。

合わせて毎月シャンパーニュが自宅に7カ月の間、送られてくる。これこそ一番の目玉だと思う方もいらっしゃるだろう。

毎回シャンパーニュ地方の映像、またはガイドブックを眺めながら、その映像もしくはガイドブックのストーリーにあったシャンパーニュをいただくという泡のようなひと時が過ごせるのだから。

詳細とお申込みはこちらをご覧ください。

なお、目玉企画その3のガイドブックに掲載予定のコンテツは下記の通り。

各回のテーマに沿った美しい取材写真と解説
お届けするシャンパーニュのテクニカルデータ
3人のソムリエによるテイスティング
全17村のグラン・クリュの解説
ほか

「月に1回、シャンパーニュを本当に訪れているかのような最高に贅沢な体験を。
それが、Art of Champagneです」

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼きに合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼きにタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!