1991年からワイン造りをはじめた「にごりワイン」の専門メーカー。滋賀のワイナリーが責任をもって表現せねばならん滋賀の味。

「世界の“どこか”に合わせるより、ブドウを信じる」。

753-1

岩谷澄人さんはもともとデザイナーとして、アパレル会社の日登美に入社した。だが20数年前、「ワイン造るぞ」の社長の鶴の一声で、丹波ワインでの研修を経てワイン醸造家に。意外なる転身だ。「大きな仕事のデザインを任された時だったのに」と笑う。

滋賀は米もうまい。新潟や東北が米どころとして名を馳せる前、滋賀産は有名だったんですよ。ワイナリーの責任者・取締役の岩谷澄人さんは青森の出身ですが、「滋賀の米を食べたら、よその米なんて食べられません」。その通り!

ヒトミワイナリーは、私の父の実家のすぐ近く。ワイナリーのそばの永源寺とか、子供の頃に行きました。祖父はここで農業をしていたので、琵琶湖東岸のテロワールの味は無意識にも自分の一部になっているみたいです。

琵琶湖ワイナリーもそうですが、とにかく太くて厚い味です。パワーがあります。このエリアはかつては交通の要所で(だから信長は安土城を築いたのですが)、いろいろな人たちが集まってきたからか、よく言われる「日本的な」閉鎖的繊細さとは違う。もっと寛大で、気宇壮大な、マクロ的にガシッと全体をつかまえる味だと思います。

だからヒトミワイナリーを有名にした一連のデラウェアのワインは、確かにデラウェアのもつポテンシャルと多面性を最大に生かした革命的な作品ですし、岩谷さんのラブルスカ品種にかける情熱とその成果はそれだけで一大ストーリーになるわけですが、関東人のわれわれゆえ、今回はとにかく西日本を追求しようという試みです。

そう言えるのも、長浜今荘のブドウを使った身土不二シリーズや、自家農園のKafka可不可のすごさを知ってしまったから。「おいしい」などという言葉では足りない、魂を揺さぶるようなエネルギー感。当然のことながら、これらの畑に除草剤は使われておらず、特に自家農園は無農薬栽培に近づけるべく努力しています。

そして、野性酵母発酵、無清澄無濾過、生詰め。そこで初めて、土地の本当の力が表現される。これこそが滋賀のワイナリーが責任を持って表現せねばならぬ滋賀の味です。

身土不二シリーズ最高傑作は、江戸時代に焼かれた信楽の茶壺で発酵したTsubo。飲んで身震いしましたよ、これは。信じがたくピュアでいて深く、やわらかくも強く、悠然と構えて滔々と流れるが如し。

753-2

岩谷さんは、自身でワインラベルのデザインも手がける。「多品種少量生産ですから、少しでも原価は抑えたい」と語る。それぞれに込めた思いは深い。

自然農園ならではの気合が感じられるKafka可不可カベルネ・ファミリー。カベルネー・サントリー、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランの混醸です。これこそ、雄大なスケールと緻密な優しさを兼ね備えた、日本のカベルネ系ワインの最高傑作のひとつと申し上げても過言ではありません。

周囲の環境に恐ろしく敏感に反応するワインですが、それはすなわち本物の生きたワインだからです。

753-3

古い琵琶湖の地図の前に並んでいるのは、同社が「にごりタイプ田舎式微発泡ワイン」と呼ぶヒトミワイナリー h3シリーズ。東京市場に進出すべく、デラウェアで勝負をかけたのが始まり。その後は品種を増やし、現在は4種類をリリース。

この記事を書いた人

WINEWHAT
WINEWHAT
年末はこの1年の感謝を込めてシャンパーニュを開けまして。

キリスト教とは無関係でも開けまして。

正月は新しい1年の無病息災を祈って開けまして。

あけましたらおめでとうございます〜。