地上最速の男、勝利のシャンパーニュからのミッションを受託! という衝撃のニュース、世界を走る。

「驚くような方法で強化する」のが使命

「メゾン マムのCEO就任にあたり“『祝福の瞬間』を大胆に盛り上げる方法”を世界に発信することができるのは光栄なことです。私の第一の使命は、勝利を祝うメゾン マムのレガシーを驚くような方法で強化することであり、世界中のファンとともにグラスを掲げて乾杯することを楽しみにしています」

勝利の象徴ウサイン・ボルトがメゾン マムのCEOに就任する、とペルノ・リカール・ジャパン株式会社(所在地:東京都文京区、代表取締役:ティム・ペック)が2016年11月28日(月)に発表した。冒頭のコメントは、ウサイン・ボルト名で出されたもの。Chief Entertainment Officerという大役ではあるけれど、世界最速の男ボルトなら、見事にこのミッションをこなすのではないか。

思えば、このジャマイカ人スーパーヒーローは2008年の北京オリンピックで100m、200m、4x100mリレーのすべてを世界新記録で優勝し、世界を驚愕させた。続く2012年のロンドン・オリンピックでも、同じ3種目で3つの金メダルを獲得。2016年のリオデジャネイロ・オリンピックでは直前にコンディションが悪いと伝えられていたものの、30歳の誕生日前日に、三たび同じ3種目で三冠を達成し、陸上界のみならず、世界のスポーツ界のレジェンドとなった。オリンピック3大会連続で3つの金メダルを獲得する「トリプル・トリプル」の偉業を打ち立てたのだ。

ボルトCEOは、2017年1月から3年間、メゾン マムの魅力を発信しながら、世界中に祝福のシーンを最高に盛り上げるユニークで大胆な方法を提案することがミッションだそう。彼のこのミッションは、『Only the Best 〜最高のシャンパンだけを〜』というメゾン マムの理念、あるいは『Dare. Win. Celebrate. 〜挑戦、勝利、祝福〜』というメゾンのエスプリとも重なるという。

◆マーテル・マム・ペリエ・ジュエ(MMPJ)会長兼CEO セザール・ジロンのコメント
「メゾン マムが大切にしているのは、ファンの皆様とともに、独創的な祝福の方法を探し続けることです。ボルト氏をチーフ・エンターテインメント・オフィサーに迎え、彼と緊密に協力しながら、大胆なイノベーションによるユニークな体験を世界中の勝利と祝福の瞬間にお届けします」

ウサイン・ボルト、東京オリンピックでも勇姿を見たいものです。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ワインと食のライフスタイルマガジン「WINE-WHAT!?」編集部です。
ただいま7月号(通巻17号)、絶賛発売中です!
カリフォルニアに行って、サステナビリティとはなにか? を勉強してきましたので、最新情報をお届けします。
ギョウザ・カラアゲ・タコヤキとシャンパーニュのペアリングも!
WINE-WHAT!? はワインと食を探求し続けます。