魚介類、和食とも相性のよさそうなソーヴィニヨン・ブラン100%が南半球の新大陸からやってきました!

刺身・寿司・ワサビに

これは絶対にウケます。ニッポン人なら一度は飲んでみたい! と思わせます。
なにしろ名前が「サシミ」。ステキです。

リンカーン・エステイト サシミ ソーヴィニヨン・ブラン 2016[白]

正式名称は、「リンカーン・エステイト
サシミ ソーヴィニヨン・ブラン 2016[白]」。

生産者のリンカーン・エステイトはマグロの養殖業を行うターヴェイ家が南オーストラリアの沿岸部ポート・リンカーンで設立したワイナリーです。

この地域はマグロなどの養殖業が盛んで、海に近く、海洋性の地中海性気候の影響を受け、冷涼かつ恵まれた日照量により卓越したワインが生み出されているそうです。



「サシミ」シリーズは、リンカーンの顔とも呼べるシリーズ。

魚介類を知り尽くしたオーナーが「Sashimi -刺身」と命名したくらい、このソーヴィニヨン・ブラン100%の白ワインは、果実味豊かで引き締まった酸を持っていて、魚介類との相性が大変よい、と輸入元のモトックスでは紹介しています。


味・タイプ:白・辛口
品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%
産地:サウス・イースタン・オーストラリアG.I.
土壌:粘土質の上に鉄分の豊富な砂利質土壌
醗酵:ステンレスタンク(マロラクティック醗酵なし)
熟成:ステンレスタンクで6カ月
アルコール度数:13%
発売時期:2017年1月上旬
希望小売価格:1,200円(税別)


芳醇なアロマが広がります

《テイスティングコメント》
グースベリーや青草、パッションフルーツの芳醇なアロマが広がります。
クリスピーで口の中が瑞々しく潤い、ほどよいボディを持ち、レモンやライムを想わせる果実味と酸が特徴の上質な味わいです。

発売元はモトックス(http://www.mottox.co.jp)です。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
9月号(通巻18号)では、白ワインに注目! そもそも白ワインって? 三大品種シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングの基礎から、いまどき大討論会、石田博ソムリエによるペアリング提案まで、この夏、飲みたい白ワインを総ざらい。
そして、夏から秋にかけてのワイン旅も提案。ポルトガル現地取材、急成長中の北海道ワイナリーのいまとWINE-WHAT!?ならではのツアー情報、ワインを堪能できる宿「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原」へは、ベントレーで訪れ、カリフォルニアでは、ケンゾー エステイトに行ってきました。