うう、寒い!
そんな季節に打ち勝つ冬も美味しいワインを、WINE-WHAT!?読者テイスターが輸入元からエントリーされた73本のワインの中から、厳正な審査で選びました。金賞に輝く11本をご紹介します。2016年の年の瀬に開いた「3000円以下バリュー・ワイン・コンクール」の結果発表です。

評価方法

  • 参加カテゴリーは、ワインを飲むシチュエーションを想定した以下3つ。
    • – ひとりでしみじみ
    • – ふたりでしっとり
    • – みんなでわいわい
  • ワイン輸入元が、各カテゴリーにふさわしいと思うワインを選んでエントリー。
  • カテゴリー内での試飲順序は無作為。
  • 試飲はブラインドで実施。最後まで銘柄名等はテイスターに明かさない。
  • ワインの採点は5段階。各カテゴリーにふさわしいかどうかが評価基準となる。
  • 配点の心は次の通り。
    • 「絶対に欲しい」=4点
    • 「飲みたい」=3点
    • 「買って飲んでもいい」=2点
    • 「出されたら飲んでもいい」=1点
    • 「飲みたくない」=0点
  • テイスター全員の点数を集計し、平均点によって各賞を決定する。
  • 平均3点以上=金賞とする。
  • 抜栓後、問題があると判断したワインは、審査以前に司会進行が落選とする。
  • 価格は消費税別。

読者代表テイスター

9554-shimazawa1

島澤 亮さん

ワインダイニングバー「VOLARE」ソムリエ。ジャパン・ワイン・チャレンジ審査員。冬向けのワインをイメージすると、ついしつこい濃厚な赤ばかり評価されがちだが、「サッパリとしたうまみのある白も需要あり!」と読んでポイントを付けた。

9554-nomiya

野宮ユミさん

JSA認定ワインエキスパート。松屋銀座店のワイン売り場勤務。スペインでワイン学校に通ったという経歴を持ち、チーズやテキーラの知識も豊富。現在WSETの試験に挑戦中。おせちにあう掘り出し物のワインはないか、と目を光らせながら試飲。

9554-nakano

中野智広さん

財務IT企業勤務。ワインとお手製料理の両方を極めるべく、日々邁進中。テイスティング時も食べ合わせを意識し、食材や料理が自然と思い浮かぶワインは高く評価する。クリスマスや正月といった冬のシチュエーションごとの提案も積極的。

9554-suzuki1

鈴木亮太さん

都内にある某大手ホテルで企画広報を担当。以前はフレンチレストランに配属されていた。パーティ、宴会の多い時期だけに、場を華やかにしてくれる楽しいワインを探索。軽めなワインでも、濃厚な料理とバランスがとれるものに心惹かれる。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
9月号(通巻18号)では、白ワインに注目! そもそも白ワインって? 三大品種シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングの基礎から、いまどき大討論会、石田博ソムリエによるペアリング提案まで、この夏、飲みたい白ワインを総ざらい。
そして、夏から秋にかけてのワイン旅も提案。ポルトガル現地取材、急成長中の北海道ワイナリーのいまとWINE-WHAT!?ならではのツアー情報、ワインを堪能できる宿「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原」へは、ベントレーで訪れ、カリフォルニアでは、ケンゾー エステイトに行ってきました。