クロニックとは、「すごい」を意味するスラング。いや、スラングだからニュアンスは「ヤバい」のほうが近い。
ウマイ料理を前にして叫ぶのは、「That’s chronic!(コレ、マジヤバい!)」。なのでクロニック・セラーズは、“マジヤバいワイン屋”ってことになる。
そんなブッ飛んだワインに惚れこんだのが、ダイニング事業を展開するゼットンでワインをオーガナイズする松山竜造さんだ。クロニック・セラーズのジェイク・ベケットさんが来日すると聞きつけ、彼のワインを提供している「アロハアミーゴ原宿」にて対面を果たした。

クロニック・セラーズ対談

グルナッシュとシラーを使ったロゼ「ピンク・ペダルズ」で乾杯。
左がジェイク・ベケットさん(クロニックセラーズ代表、ブランドアンバサダー)、右が松山竜造さん(ゼットン ダイニング事業部ゼネラルマネージャー)
「そういえば松山さん、気づいてた? ボトルの裏ラベルにメッセージを入れてるの」(ベケットさん)「え、知らなかった! それぞれの銘柄で違うんですね。たとえば『人生はギャンブル』『願いは1つだけにしておけ』…ここからまたお客さん同士の会話が弾みそう」(松山さん)

ラベルは奇抜だが、造りは真摯なワイン「クロニック・セラーズ」

松山
4月にクロニック・セラーズを訪問したら、ジェイクさんは不在だったけど、共同運営している兄のジョシュさんに会えました。でね、普通のワイナリーは高級感を出したがるのに、クロニック・セラーズは、えーと、様子がおかしかったです。レゲエが流れるオープンスペースでゲストが飲んでて、スタッフにはモヒカンの女性もいて……

ベケット
アハハ、ワインもワイン造りも生活スタイルの一部だと伝えたくて、僕たち兄弟は車やサーフィンなど好きな文化を取り入れながらワイナリーを創立したんだ。

松山
ワインも、ラベルがクールで楽しいですよね。

ベケット
ワインのことをよく知らない人でも、このラベルをきっかけに選んでくれるでしょ

松山
私も、最初はラベルの奇抜さで仕入れを決めたんです。でも、ワインは造り自体が真摯。骨太なタイプ、エレガントなタイプといろいろ揃っているのもいい。

ベケット
ローヌ系品種にジンファンデルを混ぜるなど、実験的なブレンドも果敢に挑戦しているよ。ワイン造りは、僕らの父がやっていたピーチー・キャニオン・ワイナリーで学んだ。そこがジンファンデルに強いプレミアムワイン専門のワイナリーだったから、僕らもジンファンデルにはわりと力を入れている。

松山
ワイン名が、またユニークで。

ベケット
全部、僕が命名してる。アイデアが浮かんだら、すぐスマホに入力しておくんだ。ジョシュが『いいワインできたよ~』と言ってきたら、僕の案をぶつけてブレイン・ストーミング。以前、品質は素晴らしいのに売れないワインがあって、ラベルと名前を変更した途端に人気が上がった経験をした。そこで僕はブランディングの力を実感したね。

松山
意味深なワイン名やラベルデザイン、もちろんワインの味わいも含めて、クロニック・セラーズのワインはどれもストーリーがある。だから、うちのお客様にもそのストーリーを伝えたくなります。

ベケット
ストーリーっていっても、スノッブなものは避けたいんだよね。農業の歴史、科学、食事とのペアリングなどなど語ろうとすれば語れるけど、うちのワインはただ『カッコイイ』からのスタートでOKなのさ。

ジェイク・ベケットさん

クロニック・セラーズを手に、笑顔のジェイク・ベケットさん。
この「パープル パラダイス」はジンファンデルスパイシーで、ピッツァ・マルガリータとペアリングを。トマトソースの酸がワインとリンクして楽しくなるよ!

クロニック・セラーズ スプリッツ・アンド・ギグルズ

クロニック・セラーズ
スプリッツ&ギグルズ
生産国/地域:アメリカ/カルフォニア/パソ・ロブレス
種類:スパークリング白
品種:シャルドネ、ピノノワール

ノースコーストの畑で収穫されたピノ・ノワールとシャルドネを使用したスパークリング。「ちょっと甘味がある心地よいタイプで、セビーチェにピッタリ。日本なら鮮度抜群の刺身を!」(ベケットさん)



クロニック・セラーズ スイート・プティ

クロニック・セラーズ
スイート・プティ
生産国/地域:アメリカ/カルフォニア/パソ・ロブレス
種類:赤
品種:プティシラー85%、シラー15%

本来は補助品種的扱いのプティ・シラーを主体に据え、シラーを13%ブレンドした変わり種。「濃いだけで終わらないのが素晴らしい。うちの店の『HB鉄板ナポリタン』(980円)と合いますよ」(松山さん)

Aloha Amigo harajuku(アロハアミーゴ原宿)
03-6427-3905
東京都渋谷区神宮前5-16-13 シックスハラジュクテラス
アロハアミーゴ原宿公式サイト

ワイン問合せ先 TYクリエイション ☎︎03-3546-2464
クロニック・セラーズ公式サイト

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼に合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼にタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!