販売好調、店頭価格500円のコスパ・チリワインのシリーズに、1200円の高級バージョンが3月28日より加わります。

店頭価格1200円程度

サントリーワインインターナショナルは、「サンタ バイ サンタ カロリーナ」ブランドから、厳選したブドウを使用したこだわりのプレミアムワイン(※)「サンタ プレミアム」を3月28日(火)から全国で新発売する。

※ 中高価格帯(店頭価格1,200円程度以上)のワイン。

チリワインは、コストパフォーマンスが優れていることなどから近年人気を集めており、日本におけるチリワイン市場は拡大している。2015年にフランスを抜いて輸入ワインのトップに位置しているのだ。さらに最近は、「価格」だけでなく「味わい」を求めてチリワインを購入する人も増えていて、2016年のチリ産プレミアムワインの市場も対前年1割増と伸長している、と同社では推計している。

9681-2

おなじみの「サンタ バイ サンタ カロリーナ」。

「サンタ バイ サンタ カロリーナ」は、日本人の味覚に合わせてチリ・サンタカロリーナ社と共同開発し、2015年9月に日本限定で発売したチリワイン。日常的な食事にも合う飲み飽きない味わいが受けて、2016年の販売数量はブランド計で44万ケース、当初計画の約2倍という好調さだったという。飲んだサンタは528万本!

輸入元としては、今回、新たなラインナップ「サンタ プレミアム」を加えることで、チリワインの多様で奥深い魅力を訴求するとともに、「サンタ バイ サンタ カロリーナ」ブランドのユーザーの拡大を図る。

ちなみにサンタカロリーナ社は、チリ・サンティアゴ市に本社を置く、1875年創業という歴史あるワインメーカーで、その充実した醸造設備や確かな技術から生まれる高品質なワインは、世界的にも高い評価を得ている。アメリカのワイン誌「ワインエンスージアスト」の「ワインスターアワード2015」で“ワイナリー・オブ・ザ・イヤー”(ニューワールド部門)を受賞している。

中味について

サンタカロリーナ社が厳選したテロワール(土地の気候・土壌)にて徹底した収量制限を行い、凝縮感をいっそう高めたブドウを使用。また、フレンチオーク樽を使用し、樽熟成による上質かつ複雑な味わいを実現した。

9681-1

新しく発売となるサンタ プレミアムはこちら。

▼「サンタ プレミアム カベルネ・ソーヴィニヨン 2015

完熟したカシスを思わせる香りとまろやかな樽の香り。凝縮感のある果実味と、しっかりとしたタンニンが特長の赤ワイン。



▼「サンタ プレミアム シャルドネ 2016」

トロピカルフルーツを連想させる完熟した黄色い果実の香りと上品な樽香。豊かな果実味と、まろやかな酸味が特長の飲みごたえのある白ワイン。



パッケージについて

紺色を基調に、「PREMIUM」と、「サンタ バイ サンタ カロリーナ」ブランドの象徴である“チリアンライオン”の高級感あるロゴマークを配し、華やかなゴールドのデザインに仕上げた。“チリアンライオン”とは、アンデスの高原に住むピューマ。500円ぐらいの「サンタ バイ サンタ カロリーナ」のエチケットがネコに見えるのとはナルホド違う。

9681-4

赤のピューマ。丸くなったネコぢゃないです。

9681-3

金のピューマ。わかるでしょうか?

▼商品概要
商品名 サンタ プレミアム カベルネ・ソーヴィニヨン 2015
赤/フルボディ
容量 750ml アルコール度数 13.5%

同 シャルドネ 2016
白/辛口
▼希望小売価格 オープン価格
▼発売期日 2017年3月28日(火)
▼発売地域 全国

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼に合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼にタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!