虚心坦懐。ワインをその味わいのみによって、ニッポンを代表するふたりのテイスターが格付けする「WINE-WHAT!?」の人気企画。うまいワインはどこにある?

テイスティング評価方法

  • 試飲は、品種・ヴィンティージ・希望小売価格のみ開示して実施。
  • 評点は絶対評価とした。
  • 評価は、上からS、AAA、AA、A、B、C、D、E、F。特にバリュー感があるものに。魅力的な個性のあるものに


テイスター・プロフィール

  • ishida
    石田 博さん

    1969年東京出身。90年ホテルニューオータニ入社。尊敬する先輩に憧れ、ソムリエを志す。94年よりレストラン ラ・トゥール・ダルジャン配属、フランス伝統の料理とサービスを学び、ソムリエとしてのキャリアをスタート。

  • yanagi
    柳 忠之さん

    1965年生まれ。ワイン専門誌「ヴィノテーク」記者を経て、97年に独立。フリーのワインジャーナリストに。伝説の「BRUTUS」3号連続ワイン特集をはじめ、「AERA」「GQ」「ゲーテ」「Figaro Japon」「東京カレンダー」など、さまざまな情報誌、ライフスタイル誌に寄稿。

テイスティングしたワインレビュー

9223-001n
  • モトックス
  • ドメーヌ・ミッシェル・ノエラ
  • AA+
  • ヴォーヌ・ロマネ 2014〔赤〕
  • 生産国/地域:フランス/ブルゴーニュ
    品種:ピノ・ノワール100%
    希望小売価格:10,000円
ヴォーヌ・ロマネに6代続くドメーヌ。27haの自社畑を持つ。醸造は100%除梗。4日間の低温浸漬のあと、アルコール発酵。ピジャージュとルモンタージュで抽出し、オーク樽で14〜16カ月熟成。
【石田】

チェリーの果実香、スミレのようなフローラルさ、ダージリン紅茶に土っぽさが加わり、鉄っぽい印象も。ボリュームが豊かで奥行きがあり、骨格もしっかりしている。均整のとれたアスリートを思わせるワイン。然るべき料理とともに味わいたい。

【柳】

色調は輝きのあるルビーで、バランスのよい抽出具合。華やかな果実香とともにさまざまなフレーバーが入り交じる。マチエールがしっかりとしていて、層の厚い味わい。スムーズで滑らかな舌触り。確かな技量がうかがえる。

9223-2
  • 日本酒類販売
  • デレゲート・ワインエステート
  • AA
  • オイスター・ベイ スパークリング キュヴェ・ブリュット NV 〔泡・白〕
  • 生産国/地域:ニュージーランド/ホークスベイ
    品種:シャルドネ100%
    希望小売価格:2,690円
デレゲートはニュージーランドにおける家族所有としては最大規模のワイナリー。このスパークリングはホークベイ産のシャルドネ100%を使用したブラン・ド・ブラン。ブドウは早摘みし一次発酵。その後、シャルマー法によって二次発酵を行ったもの。
【石田】

アカシアの花や洋梨。コリアンダーやサンダルウッド(白檀)などのフレーバーも。キメ細かな気泡を持ち、泡立ちも美しい。チョーキーなミネラル感があり、洗練された味わいで緻密。ボディもしっかりとしている。

【柳】

溌剌とした香りに、生のアーモンドやイースティなフレーバー。口に含むと、一番だしを思わせる旨味がじんわり広がり、フレッシュながら全体に厚みも感じられる。なかなか充実した味わいのスパークリング。

9223-3
  • ベリー・ブラザーズ&ラッド
  • ドメーヌ・バシュレ・モノ
  • AA
  • ピュリニー・モンラッシェ2013〔白〕
  • 生産国/地域:フランス/ブルゴーニュ
    品種:シャルドネ80%
    希望小売価格:7,170円
バシュレ・モノは、2人の兄弟が運営するマランジュ拠点のドメーヌ。この村名ピュリニー・モンラッシェは、レ・コルヴェ、レ・メ、レ・ウイエール、ノワイエ・ブレの4区画からなり、オーク樽で発酵後、バトナージュせず1年熟成。さらにステンレスタンクで6カ月寝かせたもの。
【石田】

ゴールデンデリシャス、アカシアの花、石灰っぽいミネラル感か。凝縮感があるが重みはなく、気品に溢れる。フレッシュな酸味は力強く、口中をタイトに締め付ける。余韻の長さも素晴らしい。

【柳】

上品なアカシアの蜂蜜のフレーバーが鼻腔をくすぐり、柑橘系の爽やかさがオーバーラップする。味わいは力強く、それでいて緊張感にとみ、ブルゴーニュの上質な白ワインであることをうかがわせる。衝動が抑えられない美味しさ。

9223-14
  • ベリー・ブラザーズ&ラッド
  • ドメーヌ・バシュレ・モノ
  • AA
  • ピュリニー・モンラッシェ プルミエ・クリュ アモー・ドゥ・ブラニー 2013〔白〕
  • 生産国/地域:フランス/ブルゴーニュ
    品種:シャルドネ80%
    希望小売価格:9,340円
ピュリニー・モンラッシェとムルソーの村境にあるブラニー村に位置する一級畑。標高340mの高地にあり、表土が薄く、石灰質の石ころの多い土壌。樹齢35〜50年。オーク樽(新樽率25%)で1年間、ステンレスタンクで6カ月熟成。バトナージュなし。
【石田】

香りの開きは控えめながら、白桃のコンポートにバターやバニラなど濃密なニュアンスが漂う。味わいのボリュームは大きく、豊満な印象。密度が高く、ストラクチャーがしっかりしている(

【柳】

アカシアの白い花、ハニー、ヘーゼルナッツ。集中度が高く、鋼のようにメタリックな硬質感。テクスチャーがじつに上質。腕利きのテーラーに仕立てさせたスーツのよう。

9223-5
  • ベリー・ブラザーズ&ラッド
  • マリヌー
  • AA
  • マリヌー・シラー スワートランド 2014〔赤〕
  • 生産国/地域:南アフリカ/スワートランド
    品種:シラー
    希望小売価格:4,670円
南アフリカの注目産地スワートランドの新興ワイナリー。このシラーは頁岩、片岩、花崗岩の畑のブドウをブレンド。およそ半分は全房醸造。発酵は自生酵母による自然発酵。フレンチオーク(新樽率15%)で11カ月の熟成。
【石田】

ブラックベリーのコンフィ、ブラックペッパー、鉄分、干し肉、スミレ、樹皮など香りは複雑。凝縮感が強く、滑らかで弾力のあるボディ。緻密なストラクチャーをもち、熟成ポテンシャルも感じられる。

【柳】

干しプラムにスミレのフローラルさ。若々しい果実味とスパイシネス。北ローヌの上質なシラーに通じる、過剰さが抑えられた絶妙なバランス感。モダンでスタイリッシュな印象。

9223-6
  • モトックス
  • シャトー・カナデル
  • AA
  • バンドール 2014〔赤〕
  • 生産国/地域:フランス/プロヴァンス
    品種:ムールヴェードル70%、サンソー20%、グルナッシュ6%、シラー4%
    希望小売価格:6,000円
この14年が初ヴィンテージという、新興ドメーヌ。当主はバンドールのトップ生産者タンピエで修行した。ブドウはビオロジックおよびビオディナミ栽培。このワインはコンクリートタンクで発酵後、50hlと 80hlのオーク樽で18カ月熟成。
【石田】

香りの開き具合は控えめながら、カシスやガリーグ(南フランスの灌木)のフレーバー。スパイシーさも感じられる。凝縮感に富み、密度が高く、ボディの厚みもばっちり。舌触りは滑らか(

【柳】

生肉や鉄分のニュアンスがあり、全体に複雑性に富む香り。ボディはしっかりしており、タンニンは角がとれているがパワフルな印象。緻密で奥行きのある味わい。ジビエに合わせたら最高と思う。

9223-7
  • 三国ワイン
  • ドメーヌ・ドルーアン オレゴン
  • AA
  • ローズロック ゼフィリーヌ ピノ・ノワール2014〔赤〕
  • 生産国/地域:アメリカ/エオラ・アミティ・ヒルズ
    品種:ピノ・ノワール
    希望小売価格:7,500円
ローズロックは、87年にオレゴンに進出したブルゴーニュのドルーアン社が、新たに取得したエオラ・アミティ・ヒルズAVA(アメリカ政府承認ブドウ栽培地域)のブドウ園。ゼフィリーヌはゼフィリーヌ・ドルーアンという家名を含んだバラの名前に因む。
【石田】

ブラックチェリーのコンフィにオールスパイス。ボリューム感があり、ふくよかでグラマラスなピノ・ノワール。大柄だが、ピュアな酸味がワインに上品さを与えている。舌ざわり滑らかで、喉越しはスムース。余韻も長い(

【柳】

優しくしく包み込むような柔らかみとふくよかさ。 馥郁としたフレーバーと飲み心地。端正でまとまりが あり、マチエールがしっかりしている。優しい果実味 が余韻まで続く。

9223-8
  • 三国ワイン
  • ドメーヌ・ドルーアン オレゴン
  • AA
  • ローズロック ピノ・ノワール2014〔赤〕
  • 生産国/地域:アメリカ/エオラ・アミティ・ヒルズ
    品種:ピノ・ノワール
    希望小売価格:5,500円
ブドウ畑はエオラ・アミティ・ヒルズAVAの南端にあり、火山性の古い土壌。ヴァン・ドゥーザーの冷たい吹き抜けが冷涼な気候をもたらす。LIVE認証を受けたサステナブル農法を実践。これはローズロックのスタンダード・キュヴェ。
【石田】 【柳】

密度がしっかりと感じられ、キメ細かく詰まったタンニンは果実味の中に溶け込みしなやか。サテンのようなテクスチャーをもち、果実味優勢だが酸味のバランスも良好で秀逸。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼に合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼にタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!