チーフ・ワインメーカーが語るC.V.N.E.(クネ)

5世代にわたり継承されるスペイン リオハのワイン

コンティーノ ブランコ|Contino Blanco 2015

コンティーノは、リオハ・アラベサ地区にある、C.V.N.E.社が所有する4つのワイナリーのひとつ。1973年、リオハではじめてつくられた、シャトータイプのワイナリーだ。つまりワイナリーを囲むように自社畑があり、そこで育ち、収穫されたブドウのみをつかってワインをつくる。その畑の面積は約60ヘクタール。そこに植えられているブドウの樹は30年以上の樹齢のものがおおい。ブランコでは、ビウラ、ガルナチャ ブランカ、そしてマルヴァジアをブレンドし、樽熟成する。週2回、澱をかきまぜることで、独特のクリーミーでふくよかにな、しっかりした白ワインを生み出している。余韻も長く楽しめ、魚料理はもちろん、肉料理にもあう。

ここまで、白ワインとともに供された料理。左が全粒粉のパスタにつつまれた茸と釜揚げシラス、ソースにはコンテチーズが使われている。右はヤリイカとチストーラ、つけあわせは大根と人参、ソースは黒ニンニクのソース、黄パプリカのソース、ケチャップの3種類

コンティーノ レセルバ|Contino Reserva 2010

樽熟成期間1年をふくめ、最低3年間の熟成が義務づけられている、レセルバの条件を満たす、コンティーノの赤ワイン。いずれも新樽ではないアメリカンオーク樽(40パーセント)と、フレンチオーク樽(60パーセント)を使用し、2年熟成したのち、2年瓶内熟成をしている。テンプラニーリョをメインに、グラシアーノ、ガルナチャ、マスエロをブレンドしており、テンプラニーリョの醸し出す、黒い果実の香りに、リオハ固有品種 グラシアーノがフローラルさとコショウのようなスパイシーさをくわえる。樹齢40年以上の樹から収穫されたブドウがおおくつかわれ、アメリカンオークがバニラのようなあまりかおりを、フレンチオークがスパイシーさを添えるとマリア・ラレアは語った。今回は、肉料理だけではなく魚料理ともあわせたが、すばらしい相性だった。

尾長鯛。桜の葉で包み蒸した百合根のピュレが添えられている。つけあわせは、玉ねぎのほか、デーツ、松の実など

士別産の乳飲み子羊。春キャベツのサラダとともに

この記事を書いた人

WINEWHAT
WINEWHAT
YouTubeInstagramでも、コンテンツ配信中!
フォローをお願いいたします。

Related Posts

PAGE TOP