• TOP
  • #WINE
  • Features
  • 稀少にして超高級
    シャンパーニュ「クリスタル」の最上級キュヴェを体験

稀少にして超高級
シャンパーニュ「クリスタル」の最上級キュヴェを体験

ルイ・ロデレール「クリスタル・ヴィノテック 1995」登場

21年の時を経ているとはおもえないほど爽やかに澄み切った色をしている「ヴィノテック・クリスタル 1995」

クリスタル・ヴィノテック 1995

そしていよいよ、ヴィノテック1995である。はたして、1本12万円のシャンパンやいかに?

「ルイ・ロデレールにはアーカイブがある。書物のアーカイブもあるし、液体のアーカイブもある。わたしはその液体のほうを紐解いて、複雑さ、年月によってどう変わってゆくかを把握していった。そして、ルイ・ロデレールのワインには20年の時間をかけてシャンパン造るポテンシャルがあると感じた。フレッシュさを最大限のこしながら、やわらかで、ブーケのように複雑で、テクスチャーが溶け合ったシャンパン。それを、ワインを確かめ、経過を追いかけながら探っていった」

訳すと散文的ながら、フランス語では詩的な言葉を選びながら、レカイヨンはこのように説明した。

そして、その造り方をさらに散文的に説明すると以下のようになる。

まず、シャンパンを澱とともに地面と水平に寝かせる。8年間この状態にすると、テクスチャー、物質感をシャンパンが獲得する。

8年後、コルクを下にして倒立させる。この状態で6年おく。こうするとフレッシュさが戻ってくるという。

そしてデゴルジュマン。「すごくクリアな状態にする」そうだ。ここからさらに7年間、シャンパンを休ませる。すると、テクスチャーにフレッシュさがまざりあうという。合計21年。

21年である。21年前、何をしていただろう? 21年後、何をしているだろう? 澄み切った「クリスタル・ヴィノテック 1995」を眺めていると、そう自問せずにはいられない。それだけの時間をひとつのシャンパンのために費やしているのだ。

「さあ、飲んでみてください」とレカイヨンに促されて、グラスに鼻をつっこむと、なるほど、パンのような酵母の香り、熟成されたシャンパンならではの食欲をそそる香りが、ほのかに、しかし、たしかにする。これは若いシャンパンにはマネできない、ヴィンテージの魅力だ。ところが、口に含むと驚くほどみずみずしく、フレッシュで、酸がピンとしていて、泡立ちもきめ細やか。これが本当に1995年のヴィンテージシャンパンなのか。熟成されたシャンパンと若々しいシャンパンの、その最良の表現の「いいとこどり」ではないか、とビックリしているとーー

「21歳です。でもそんな感じは、しないでしょう?」とレカイヨンは見透かしたように同席した面々を見渡した。そして、「ヴィノテック 1995を言葉で表現するならば、『永遠の若さ』です」と微笑むのだった。

いや、ここでは終わらない。まだロゼがある。世界でたった150本のロゼが。ピノ・ノワールはアイ村の2箇所で、そしてシャルドネはアヴィズ村とメニル・シュール・オジェ村のそれぞれ1箇所で収穫されたものを使っているそうだけれど、基本的な造り方は白とおなじ。8年間水平、6年間倒立で過ごし、その後7年を経た21歳だ。1974年の初のロゼ以来、ルイ・ロデレールの伝統的な製法で、ロゼは低い温度でマセラシオンして、やさしく色をだし、白とあわせることでつくられる。そのピンク色は、さすがに21年を経て薄めとはいえ、驚くことに、このロゼには「ヴィノテック 1995」に勝るフェレッシュさがあり、そのうえでより奥深いのだ。

一般的なシャンパンとちがいボトルの底が平坦なのは、ロシア皇帝の暗殺を企てる者が武器を隠せないようにするため、という逸話もある

2009年ヴィンテージのロゼ(左)との比較。ヴィノテック・ロゼ 1995(右)のロゼ色はとても弱い。その味わいは和食、海の幸、海藻にも非常によく合った

「大成功かつ大発見だった」と満足そうなレカイヨン。「これまで時間は充分にかけた。いまが飲み頃。ここからはあまり時間をかけないで、味わってほしい」とも。

21年の冒険の果てにうみだされた150本と450本は、いつ、どんな時に、栓を抜かれるのだろう。クリスタルには時間が必要だ、とレカイヨンはいった。時間は、このシャンパンを造るレカイヨンたちにとってはもちろんのこと、このシャンパンを口にする幸運に恵まれたひとにとっても、キーワードになるように感じられる。21年かもしれないし、天文学的な時間かもしれないし、刹那かもしれないし、過去かもしれないし、未来かもしれないけれど、いずれにしてもこの、若々しさと成熟とが同居するシャンパンと、時に思いを馳せずに向き合うのは、困難なことにおもわれる。願わくば、もっと個人的に出会いたかった。大切な一時が、このシャンパンによって、きっと長く記憶にのこりつづけるだろう、とおもう。このシャンパンを手にする人が、うらやましい。

クリスタル・ヴィノテック 1995

ピノ・ノワール57%、シャルドネ43%

総生産量|450本
ドザージュ|8g/L

シャンパーニュがシャンパーニュらしかった年である1995年ヴィンテージのシャンパン。マンゴーなどのエキゾチックフルーツやカカオ豆、ホワイトチョコレートのアロマ。精密さと優しさを兼ね備えた官能的な口当たり。石灰質土壌の真髄であるチョークがかったテクスチャーは高貴なフレッシュ感を生み出しており、ピュアな余韻が持続します。

クリスタル・ロゼ・ヴィノテック 1995

ピノ・ノワール62%、シャルドネ38%

総生産量|150本
ドザージュ|8g/L

イチゴや桃、チェリーなどの香りに、ドライフルーツや焼いた栗などのアロマ。デリケートな飲み口と、フレッシュで奥行きのある口当たり。最後にはコクのある味わいが広がり、柑橘類の味わいをともなうしっかりとしたストラクチャーが感じられます。

Related Posts

PAGE TOP