ボルドーの若手生産者、築地をいく。

アナイスとダヴィッドの、マリアージュを求めてブラワイン

甘い玉子焼きとオムレット

ダヴ 何も高級なレストランで行うばかりがマリアージュじゃないんだ。身近にあるカジュアルな食材でどんどん試し、自分で納得していくのが醍醐味なんだよね。

アナ そして料理とワイン、どちらかが強すぎることなくバランスが取れれば最高。さて、ちょっとお腹いっぱいになってきたかな。次は玉子焼きに挑戦よ。店頭に行列ができているから、私たちも並んで買おう。

ダヴ 寿司にも出てくる玉子焼き? あの甘いオムレットかぁ。フランスでオムレットは甘くしないよなぁ。

アナ 串刺しだと、ハンディで食べやすいね。

8882-6n

8882-12n

しっとり優しい玉子焼き。

ダヴ オムレットを甘口に合わせることはないけど、この玉子焼きなら甘口ワインでも。

アナ アリ、だわ。優しい甘みのある白かしら。エビなどの具が入った甘くない玉子焼きもあるそうだから、そちらは辛口の白向きなんだろうけど。

ダヴ ところでさっきのウナギ串の店で、他の串の選んでテイクアウトしてたでしょ。何を買っていたの?

アナ メカジキ串。

8882-5n

8882-10n

ギッシリとした肉質のメカジキ串。

ダヴ 渋いね。

アナ これがまた、魚なのに、すごくニクニクしい。

ダヴ ニクニクしい?

アナ 肉っぽいの。ちょっと齧ってみてよ。

ダヴ あ、ほんとだ。肉々しい。

アナ フランスで食べる魚は、肉質が繊細なものばかり。印象がぜんぜん違う。

ダヴ 繊細な肉質をちゃんと味わおうとして、ローストしたら塩やレモンすら添えずに食べることだってある。

アナ となると、辛口白ワインしか選択肢はなかった。けれど、動物の肉のような噛み応えと旨味があり、さらにやや甘めのタレがついているし、途端に赤ワインを合わせたくなる。ボルドーは重厚な赤ワインばかりだとの先入観が強くて、軽めの赤があまり知られていないのは残念。メカジキ串には絶対、軽快でチャーミングなボルドー赤が似合うのにね。

ダヴ 築地に来てみて、魚とのマリアージュの世界がぐんと広がったよ。僕もマグロの寿司と甘口白の素敵な組み合わせに、自分でもびっくりしてる。日本のお寿司屋さんには、これから甘口ワインをどんどん置いて欲しい。

アナ なら私は、日本のウナギ屋さんに赤ワインを推薦しまーす。

8882-7n

この記事を書いた人

WINEWHAT
WINEWHAT
YouTubeInstagramでも、コンテンツ配信中!
フォローをお願いいたします。

Related Posts

PAGE TOP