アジアワインに特化した評価サイト「Asian Wine Review」で、メルシャンが金賞を日本のワイナリーとしては最多の3品で受賞した。

 

メルシャン株式会社(社長 横山清)は、オーストラリアのワインメーカーで、ワイン評論家、コラムニストで、TVのEddie McDougall氏が主催するアジアワインに特化した品質評価サイト「Asian Wine Review 2017」にて、「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード シラー 2013」、「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブラン 2015」、「シャトー・メルシャン 北信シャルドネ RGC 千曲川左岸収穫 2015」が金賞を受賞した。

昨年は「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞し、本年は日本のワイナリーとしては最多となる3品で金賞を受賞した。

「Asian Wine Review」について
・「Asian Wine Review」は、オーストラリアのワインメーカー、Eddie McDougall氏が主催するアジアワインに特化した品質評価サイトです。https://online.flippingbook.com/view/1002909/
・今回の受賞を受けて、香港で4月19日(水)に開催される第1回「Asian Wine Festival」に、「シャトー・メルシャン」は日本のトップワイナリーとして招待されている。

● Eddie McDougall氏について
オーストラリアで2014年9月より放映されたアジア各国のワインやワイナリーを紹介するテレビ番組「Flying Winemaker」に出演したオーストラリア出身のワインメーカーです。アジア各国の代表的なワイナリーを訪問し、その国のワインと食文化を紹介しており、アジアのワインに造けいが深く、2016年に初めてアジアワインに特化したワインの評価サイトを立ち上げた。今年は2回目の開催になる。

●金賞受賞ワインについて

「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード シラー 2013」

「椀子(マリコ)ヴィンヤード」で育まれたシラーを使用しています。ホワイトペッパーを思わせるスパイシーな味わいが口中で広がります。ふくよかな香りと果実と酸味のバランスの良いワインです。



「同 マリコ・ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブラン 2015」

「椀子(マリコ)ヴィンヤード」で育まれたソーヴィニヨン・ブランを使用しています。グレープフルーツのような柑橘系の香りやパッションフルーツのアロマに加え、ハーブを思わせるさわやかな香りも感じられるソーヴィニヨン・ブランの特長をしっかりと楽しめるワインです。



「同 北信シャルドネ RGC 千曲川左岸収穫 2015」

長野県北部、日本海に流れる千曲川の右岸と左岸に垣根仕立てのブドウ畑が点在する北信地区。右岸と左岸では土壌が異なり、タイプの違うワインが作られます。このワインは、千曲川の左岸に位置する長野市(豊野町、およびその周辺)の契約栽培畑で収穫されたシャルドネをオーク樽にて発酵・育成したシャトー・メルシャン最高峰の白ワインです。粘土質の左岸から生み出された豊かなアロマ、穏やかな酸味のとても調和のとれた味わいです。



〔受賞の概要〕
◆コンクール名称 「Asian Wine Review 2017」
◆主催 「Asian Wine Review 」誌
◆Asian Wine Reviewの評点について
96-100点 ベストトロフィー
93-95点 金賞
90-92点 銀賞
85-89点 銅賞

◆当社受賞ワイン
金賞
「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード シラー 2013」 93点(TOP12ワイン)
   「 同 マリコ・ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブラン 2015」 93点(TOP12ワイン)
   「 同 北信シャルドネ RGC 千曲川左岸収穫 2015」 93点
銀賞
「 同 桔梗ヶ原メルロー シグナチャー 2012」 91点
「 同 城の平カベルネ・ソーヴィニヨン 2012」 90点
「 同 北信シャルドネ RDC 千曲川右岸収穫 2015」 90点
銅賞
「 同 穂坂マスカット・ベーリーA 2013」 87点
   「 同 穂坂マスカット・ベーリーA セレクテッド・ヴィンヤーズ 2014」 86点(ワイナリー限定)

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼きに合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼きにタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!