ギリシャ・サントリーニ島より、2016 年度「ワイン&スピリッツ」誌で「世界TOP100」 にも選ばれた、ギリシャ最⾼峰のワイナリーのひとつ「ドメーヌ・シガラス」がモトックスから新発売される。

 

アシルティコ



世界有数の高貴な白ブドウ品種。完熟した柑橘類や白桃、豊潤な蜂蜜の⾵味を持つかたわら、線が長く強い酸味がワインを引き締め、更には強いミネラルを感じさせる、気品溢れる味わいを生み出す、とされる。

エーゲ海に浮かぶ三日月型の島、サントリーニ島は日照量が多く、夏場は気温が35℃まで上がるため、アシルティコのアルコール度数は比較的高くなると同時に高い酸度を持つことになる。⿂介類との相性がよいことから世界各国の⼀流レストランでオンリストされる。

サントリーニ島は乾燥した地中海性気候に属する。さらに立っているのもやっとなほどの強い海風が吹くことから、ブドウ樹の枝をらせん状に巻き、鳥の巣のようなバスケット型の形状の中で花やブドウの実を育てる。降雨があるのは冬で、雨水は地中深くに蓄えられる。平均収量わずか10hℓ(ヘクトリットル=100ℓ)/haという贅沢品種だが、ブドウ樹は深く根を張り、灌漑を行わずとも、凝縮したミネラル感に優れた質の高いブドウをはぐくむ。

一度組んだぐるぐる巻きは、ブドウ樹の成長に合わせて約25年に一度、新しく組み換えられる。あまりにも樹齢が古いとぐるぐる巻きが巨大になり、ただですら少ない収量がさらに減ってしまうからだ。そこで、大きく渦を巻いて伸びた枝を地面近くで切り落とし、若枝を継木し次のぐるぐる巻きを造りだす。根はそのまま残るので、同じ遺伝子を持つ同じ株の根が地中深くに伸び広がっていく。古いものでは250年以上も前の根が存在しているという。

ドメーヌ・シガラス



元フランス語教師の経歴をパリス・シガラス氏が代々シガラス家で受け継がれてきたワインづくりを引き継いだのは1991年のこと。いまや世界で最も有名なアシルティコのつくり⼿にして、ギリシャ最⾼峰のワイナリーのひとつといわれる。

エーゲ海に浮かぶ、白い建物と青い屋根のコントラストが美しいサントリーニ島北部、イアの町近くに醸造所を構え、当時甘口ワインが主流であったサントリーニ島において、いち早く辛口の⾚ワインを⽣み出した。

四半世紀以上にわたってサントリーニ島でワインづくりに取り組んできたシガラス氏は、この島には非常に貴重で多彩なテロワールが存在することに気づいた。サントリーニにクリュの概念を持ち込んだ先駆者となったのだ。さすが元フランス語教師。

2016年には7つの異なるクリュから、同じ醸造を施した7つの異なるアシルティコを生み出している。生産量が非常に少ないため、現段階では輸出は不可能ながら、シガラス氏の新たな挑戦に期待が高まる。

サントリーニ島



5,000年以上も昔からワインがつくられていたギリシャは、世界で最初にソムリエという職業を生み出したワイン文化誕生の国でもある。現代でも300種を超える固有品種が栽培され、ギリシャ産ワインの90%以上がこれら固有品種で醸造されている。独自性に富む、非常に興味深いワイン産地なのだ。

サントリーニ島は、紀元前1700年代の大噴火で今の三日月型に形成されたが、ワインづくりはそれ以前から行われてきた。ヨーロッパでも最も古いワイン産地のひとつとされる。

火山性の土壌は、石灰岩や軽石、鉄分を含む岩と砂からなり、有機物も少なく、フィロキセラの被害を受けなかった。それゆえブドウ樹は接ぎ木されず、自根で栽培され、古の味わいをいまに伝える。

ドメーヌ・シガラスでは、これらの土着品種の中でも特に「アシルティコ」に重きを置き、このブドウが持つ唯一無二な味わいとテロワールを表現したワインを生み出している。モトックスが発売するのは次の3種類となる。



サントリーニ アシルティコ

Santorini Assyrtiko

ミカンやライム、白い花の豊かなアロマ。ミネラルが豊富で、ボリュームもあり、透明感のある柑橘果実、レモンの皮のようなスパイシーさも持ち合わせます。高い酸は熟成を予感させます。

生産者名:ドメーヌ・シガラス
 Domaine Sigalas  
原産国/地区:ギリシャ/サントリーニ島
味わい:辛口
ヴィンテージ:2016年
品種:アシルティコ100%
内容量:750ml 
希望小売価格(税別):4,400円
飲み頃温度:8℃



サントリーニ アシルティコ-アシリ

Santorini Assyrtiko-Athiri

八朔や夏みかん、フローラルの豊かなアロマを持ちます。塩味もあり、軽やかなミディアムボディの口当たりで、ミネラルも豊富。酸味も高く爽快感のあるフレッシュな味わいです。

生産者名:ドメーヌ・シガラス
 Domaine Sigalas
原産国/地区:ギリシャ/サントリーニ島
味わい:辛口
ヴィンテージ:2016年
品種:アシルティコ100%
内容量:750ml 
希望小売価格(税別):3,300円
飲み頃温度:8℃



サントリーニ ヴィンサント

Santorini Vinsanto

ミカンやライム、白い花の豊かなアロマ。ミネラルが豊富で、ボリュームもあり、透明感のある柑橘果実、レモンの皮のようなスパイシーさも持ち合わせます。高い酸は熟成を予感させます。

生産者名:ドメーヌ・シガラス
 Domaine Sigalas  
原産国/地区:ギリシャ/サントリーニ島
味わい:極甘口
ヴィンテージ:2009年
品種:アシルティコ75%、アイダニ25%
内容量:500ml 
希望小売価格(税別):7,000円
飲み頃温度:13℃

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ワインと食のライフスタイルマガジン「WINE-WHAT!?」編集部です。
ただいま5月号(通巻16号)、絶賛発売中です!
特集は「ワインと焼肉」。牛肉の研究もあります。
次号は6月5日発売。ナパ・ヴァレーの最新情報をお届けします。
WINE-WHAT!? はワインと食を探求し続けます。