• TOP
  • #WINE
  • Tasting
  • 石田博と柳忠之の2017-2018 年末年始 ワイン新商品テイスティング

石田博と柳忠之の2017-2018 年末年始 ワイン新商品テイスティング

超激辛批評! 本当に美味しいワインを探しております。

「すごく優れている」の部

17.5点 (石田/柳)

02
ハンブルドン
クラシック・キュヴェ ロゼ NV [泡・ロゼ]

輸入元:ベリー・ブラザーズ&ラッド 
生産国/地域:イギリス/ハンプシャー 
品種:シャルドネ90%、ピノ・ノワール10%
希望小売価格:7,000円

バイオダイナミック・シャンパーニュの教祖、エルヴェ・ジュスタンがコンサルタント。ブドウの選果は畑と醸造所の2回。9割を占めるシャルドネのうち4%は複雑味を出すためフレンチオーク熟成。澱とともに14カ月間の瓶熟成。

【石田】凝上品な泡立ちで凝縮感があり、芳醇なスタイルのロゼスパークリング。ラズベリーやジンジャーブレッドのフレーバーが華やかに広がり、余韻は長く、アフターテイストに心地よい酸が続く。

【柳】淡い色合いのサーモンピンク、またはオールドローズといった色調。酸味がピュアで心地よい、イースト香もけばけばしくない、デリケートでエレガントなスタイル。

17.5点 (石田)(柳)

03
マラバイラ
ロエロ・アルネイス 2016 [白]

輸入元:八田 
生産国/地域:イタリア/ピエモンテ
品種:アルネイス100%
希望小売価格:2,400円

1270年に遡る城館をもつロエロの造り手で、22ヘクタールのブドウ畑を所有する。このロエロ・アルネイスは標高200~250m、南西向き斜面で栽培された樹齢30年のアルネイスを手摘み。全房で圧搾し、ステンレスタンクで発酵させたもの。

【石田】アカシアの白い花、百合、黄桃などとてもアロマティック。果肉のしっかりした厚みのある味わい。リッチだが酸味のレベルも高く調和がとれている。フィニッシュがとても長い。

【柳】白いバラ、花の蜜、パイナップルのシロップを思わせる、豊かな芳香。オイリーなテクスチャーのリッチな味わいだが、フレッシュネスも感じられる。

17.0点 (石田)

04 
クレブス
リースリング トロッケン 2016 [白]

輸入元:ファインズ 
生産国/地域:ドイツ/ファルツ
品種:リースリング
希望小売価格:2,250円

1982年に設立された醸造所。ファルツに16haのブドウ畑を所有し、白ブドウと黒ブドウを半々の割合で栽培している。このリースリング・トロッケンは、80%をステンレスタンク、20%を600Lの中樽で醸造。

【石田】白バラのフローラルな香りに、洋ナシやマスカットなどの果実香、コリアンダー、それにサンダルウッドなど芳香豊か。滑らかな口当たりで緻密なテクスチャー。フィニッシュがとても長い。

【柳】フローラルなトップノーズに白桃やジンジャー。温暖な産地のリースリングなのか、果実味豊かでボディは大きいが、その反面酸味は穏やかに感じられる。

17.0点 (石田)(柳)

05
ドメーヌ・アラン・ブリュモン
ガスコーニュ タナ・カベルネ 2016 [赤]

輸入元:三国ワイン 
生産国/地域:フランス/南西地方
品種:タナ 80%、カベルネ・ソーヴィニヨン 20%
希望小売価格:1,400円

南西フランス・マディランのスター生産者、アラン・ブリュモンのIGP。地場品種のタナとボルドーのカベルネ・ソーヴィニヨンのブレンド。

【石田】ブラックベリーに黒コショウのスパイシーさ、鉄分も感じられ、カカオの焙煎香。凝縮感に富み、深みが感じられ、洗練された味わい。アタックはしなやかでクリーミーなテクスチャーだが、アフターに収斂性の渋味が感じられる。骨格がしっかり。

【柳】濃厚な色調で凝縮感の凄まじい、ボリューミー、かつリッチでパワフルなワイン。ただし、豊富なタンニンが角が丸められており洗練されている。よく躾けられたタンニン。酸味のレベルも高く、バランスがとれている。

17.0点 (石田)

06 
ロアーカー
コルテ・パヴォーネ  ロッソ・ディ・モンタルチーノ 2014 [赤]

輸入元:岸本
生産国/地域:イタリア/トスカーナ
品種:サンジョヴェーゼ・グロッソ100%
希望小売価格:3,333円

ウエハースで有名な製菓会社がオーナー。モンタルチーノに19ha、トスカーナ南部のヴァルディファルコに20ha、南チロルのシュヴァーホフに7.5haのブドウ畑を所有。このロッソ・ディ・モンタルチーノは16カ月の大樽熟成。

【石田】バラを思わせるフローラルさに、サワーチェリーのような果実のアロマ。芳香性が高く、凝縮感に富み、気品も感じられる。ふくよかでジューシーな味わい。密度の高いタンニン。

【柳】まさにチェリーそのものの香りにグリーンのオリーブ。果実味は中庸ながら、きめ細かなタンニンもしっかりと感じられ、構成はしっかりしている。酸味のバランスもとれ、エレガントな趣き。

17.0点 (柳)

07

マルコ カルピネーティ
トゥファリッチョ ラツィオ ロッソ 2016 [赤]

輸入元:アビコ 
生産国/地域:イタリア/ラツィオ
品種:モンテプルチアーノ70%、チェザネーゼ30%
希望小売価格:3,800円

ローマの南の小さな町、ピーニにある造り手。標高400mの高さにあり、カルピネティ家により代々受け継がれている。94年に有機栽培に移行。このIGPは標高500mの南向き、火山性の土壌で栽培されたブドウから。

【石田】アメリカンチェリー、ドライハーブ、スウィートスパイスに土、タバコなど、フレーバーは華やかで複雑。濃縮感があり、活力が感じられる。アタックはソフトで浮揚感さえ感じられるが、アフターに力強いタンニンも。

【柳】ブラックチェリーなど若々しい黒系の果実。緻密なテクスチャーで、キメの細かなタンニンがしっかり。構造のしっかりしたワイン。まるでミケランジェロのダヴィデ像。

この記事を書いた人

WINEWHAT
WINEWHAT
YouTubeInstagramでも、コンテンツ配信中!
フォローをお願いいたします。

Related Posts

PAGE TOP